ドロバチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > ドロバチ > ドロバチの意味・解説 

ドロバチ

節足動物門 昆虫綱 ハチ目 ベッコウバチ科 Pompilidae、アナバチ科、スズメバチ科 Vespidae ドロバチ亜科
ベッコウバチ類 Pompilidae
アナバチ類 Sphecidae
ドロバチ類 Eumeninae

ドロバチ

この害虫属する群
ハチ(4) ベッコウバチアナバチ、ドロバチ
主な種類
ベッコウバチ
 ベッコウバチ Cyphononyx dorsalis ほか
アナバチ
 アメリカジガバチ Sceliphron caementarium (Drury) ほか
ドロバチ類
 スズバチ Eumenes decorata (Smith)
 トックリバチ Eumenes micado Cameron ほか
形態
 ベッコウバチ類のベッコウバチは、体長15~28mm、体は黒色で、頭、翅、脚は黄褐色
 アナバチ類のアメリカジガバチは、体長20~26mm、体は黒色で、黄色斑紋を持つ。
 ドロバチ類のスズバチは、体長20~30mm、体は黒色橙黄色斑紋持ち腹部第一節は細くくびれる
分布
 ベッコウバチ類のベッコウバチは、本州四国九州分布する。
 アナバチ類のアメリカジガバチは、戦後アメリカから侵入し、現在は全国分布する。
 ドロバチ類のスズバチは、北海道から九州まで分布する。
被害
 ベッコウバチ類、アナバチ類、ドロバチ類は、スズメバチのように攻撃的ではないが、家屋周辺営巣して恐怖感与え、巣を壊したり、誤って触れたりすると刺される。家屋床下軒先等に巣を作る種類が、泥などの巣材によって建材家具などを汚染する被害起こす
生態
 ベッコウバチ類は日本80種以上が分布し、いずれもクモ狩るベッコウバチは7~9月出現し、小動物の穴や石垣隙間石の下などに巣を作る毎年同じ場所に巣を造る習性があるため、数十匹が集団営巣することもある(松浦1994)。
 アナバチ類は日本200種以上が知られ、各種昆虫クモなどを狩る。アメリカジガバチは6~9月出現し、人家周辺多く各種クモ貯え幼虫の餌にする。コンクリート壁や土壁などに長さ10cm、幅約4cmの細長い粘土の巣を造る松浦1994)。
 ドロバチ類は日本30種以上知られ、主にガの幼虫狩るスズバチは8~9月出現し、各地平地低山地に普通に見られる家屋の壁や塀、などに粘土で巣を造り表面には粗い砂を塗り固めます(松浦1994)。

泥蜂

読み方:ドロバチ(dorobachi)

ドロバチ科数属のカリバチ総称




ドロバチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドロバチ」の関連用語

ドロバチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドロバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2020 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS