ヒノキ樹脂胴枯病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > ヒノキ樹脂胴枯病の意味・解説 

ヒノキ樹脂胴枯病

和名:ヒノキ樹脂胴枯病
学名病原菌Seiridium unicorne (Cooke et Ellis) Sutton
    
分布被害関東以西マツ損跡造林地に多い。
 
写真(上):からの樹脂
写真(下):病原菌分生子
説明
ヒノキネズミサシサワラエンピツビャクシンニオイヒバコノテガシワローソンヒノキなど多くヒノキ科樹木発生する。病原糸状菌一種不完全菌類属する。幼齢木や壮齢木の先など齢の低い部位発生する。樹皮壊死病斑が形成され,樹脂流出する。症状呈することも多い。病患部上に分生子胞子)層を散生する。伝染分生子によるが,降雨によって伝搬し,伝搬距離は短い。材内に小さなシミ多数できるほか,激害木ではによって成長著しく悪くなる薬剤防除も可能であるが,伝染距離が短いので伝染源の除去,病剪定伝染源のそばに植栽しないことが有効な防除法である。林地ではヒノキ成木あるいは自生ネズミサシ苗畑では生け垣伝染源となる。
枝からの樹脂

病原菌の分生子






ヒノキ樹脂胴枯病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒノキ樹脂胴枯病」の関連用語

ヒノキ樹脂胴枯病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コアシナガバチ

ダケカンバハバチ

サクツクリハバチ

キオビホオナガスズメバチ

クロツバメ

ヤママユ

ヤマアカガエル

マツノキハバチ





ヒノキ樹脂胴枯病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2017 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2017 Weblio RSS