ハードコアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ハードコアの意味・解説 

ハード‐コア【hard core】

読み方:はーどこあ

中核中心となる部分

集団組織の中の強硬派

音楽で、従来よりも過激で荒々しい表現法のもの。「―パンク

ハードコアポルノ」の略。


ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:06 UTC 版)

ハードコア (hardcore) は、中核、中心人物、核心部。強硬派。貧困層。底石。




「ハードコア」の続きの解説一覧

ハード・コア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 10:09 UTC 版)

ハード・コア』は、2018年11月23日公開の日本映画


  1. ^ “映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化、苦役列車の山下敦弘が監督”. ファッションプレス (株式会社カーリン). (2018年10月20日). https://www.fashion-press.net/news/32736 2021年5月31日閲覧。 


「ハード・コア」の続きの解説一覧

ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 22:50 UTC 版)

オールダーショット」の記事における「ハードコア」の解説

ザ・パレス(英: The Palace)は、1992年から1995年にかけて急速なハードコア・シーンの成長影響与えた[要出典]。このクラブ以前パレス・シネマ、リズム・ステーション、チークスヴォックス呼ばれていた(英: The Palace Cinema, The Rhythm Station, Cheeks, Vox)。ヘクティック・レコーズによる「フュージョン」 (Fusion (Hectic Records)) 、タズマニア、スラミン・ビニル、フューチャー・ワールドなどのイベント週替わり開かれていた。このクラブ地元タレント育成にも一役買っており、DJシャーキー英語版)や、2004年スパイダーマンの声を担当したスパイダーMCなど、数々の地元タレント輩出している。サウサンプトンロンドン間にあるという好立地から、オールダーショットのこのクラブはハードコアのメッカとなり、この時代は常にチケット売りきれるほどの人気だったクラブ人気絶頂期に、MDMAエクスタシー過剰摂取疑われるティーンエイジャー死亡事故があり、この件引き金となってクラブではダンス・ミュージック廃れオールダーショットのハードコア・ダンスは衰退した

※この「ハードコア」の解説は、「オールダーショット」の解説の一部です。
「ハードコア」を含む「オールダーショット」の記事については、「オールダーショット」の概要を参照ください。


ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:57 UTC 版)

チャック・ヴィンセント」の記事における「ハードコア」の解説

1973年:『狂淫夜行 (Grace's Place)』 1975年:『ポルノ殺人事件/淫女スカーレット (Farewell Scarlet)』 1978年:『セックス・トリップ/恍惚 (Dirty Lily)』 1979年:『スワッピング/人妻 (Jack & Jill)』† 1980年:『This Lady Is a Tramp1980年:『下着つけない女/リップス (Bon appétit )』 1981年:『ROOM MATES/ブルーコア (Roommates)』(AFAA1982年度最優秀作品賞受賞)† 1981年:『ダーティー・ワイフ/放蕩 (Games Women Play)』 1982年:『ハーレム・アーミー/締め女 (Puss 'n Boots)』 1983年:『歓痛する女 (In Love)』 1984年:『盗撮スナイパー/裏窓 (Voyeur)』 1985年:『ハイウェイ・エロス/ルート69 (Sex Drive)』 1985年:『イーストコーストポルノ/欲情するまま (Sex Crimes 2084)』 †はXRCO殿堂入り映画

※この「ハードコア」の解説は、「チャック・ヴィンセント」の解説の一部です。
「ハードコア」を含む「チャック・ヴィンセント」の記事については、「チャック・ヴィンセント」の概要を参照ください。


ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 14:37 UTC 版)

プロレス用語一覧」の記事における「ハードコア」の解説

ハードコア・レスリングのこと。

※この「ハードコア」の解説は、「プロレス用語一覧」の解説の一部です。
「ハードコア」を含む「プロレス用語一覧」の記事については、「プロレス用語一覧」の概要を参照ください。


ハードコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 06:20 UTC 版)

ジョセフ・W・サルノ」の記事における「ハードコア」の解説

サルノ最初のハードコアポルノ映画は、ジョージナ・スペルヴィンティナ・ラッセル主演したSleepy Head 』(1973年) だった。ハードコアに関わる事に気が進まなかったサルノは、様々な偽名用いハードコア映画監督し始めた彼は監督としてクレジットされていないジェニファー・ウェルズ主演の『スーパーテクニシャン/ジェニファー・ウェルズ (Inside Jennifer Welles) 』(1977年) やアニー・スプリンクル主演の『ディープインサイド/失禁! (Deep Inside Annie Sprinkle) 』(1981年) のようなハードコア映画監督であった事を認めている。ハードコアの経歴過程で、サルノハリー・リームスエリック・エドワーズジェイミー・ギリス、マーク・スティーブンス、マレーネ・ウィロビー、グロリア・レナードソニー・ランダムセカロン・ジェレミーのようなポルノスター働いた

※この「ハードコア」の解説は、「ジョセフ・W・サルノ」の解説の一部です。
「ハードコア」を含む「ジョセフ・W・サルノ」の記事については、「ジョセフ・W・サルノ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハードコア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ハードコア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハードコア」の関連用語

ハードコアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハードコアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハードコア (改訂履歴)、ハード・コア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオールダーショット (改訂履歴)、チャック・ヴィンセント (改訂履歴)、プロレス用語一覧 (改訂履歴)、ジョセフ・W・サルノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS