ハリナガムネボソアリとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > ハリナガムネボソアリの意味・解説 

ハリナガムネボソアリ

和名:ハリナガムネボソアリ
学名Leptothorax spinosior Forel
    ハチ目 アリ科Formicidae
分布北海道本州四国九州対馬屋久島
 
写真(上):ハリナガムネボソアリの大型女王(左)と小型女王(右)
写真(下):ハリナガムネボソアリ働きアリ
説明
体長2ミリほどの黒色アリで,河原草地林縁などの比較開けた場所に住む。土中地面落ち枯れ枝中に営巣し,コロニーサイズは平均2030程度益虫害虫としては目立ったところがないが,一部個体群女王に体サイズ二型(大型女王小型女王)が見られアリ生活様式多様性研究する上で興味深い6月頃巣の外で交尾した後,大型女王新し巣場所を見つけて一匹巣作りを行うのに対し,小型女王は母巣に出戻ってくる(全ての小型女王出戻るのか,一部小型女王大型女王のように一匹で巣をつくるのかは不明)。このため大型女王の巣では女王一匹かいないが,小型女王の巣では女王が2匹以上いる場合が多い。なぜ同じ個体群中に大型女王タイプ小型女王タイプ共存しているのか,大型になるか小型になるかを決めているのが栄養条件などの環境要因なのか遺伝要因なのか等はまだわかっていない
ハリナガムネボソアリの大型女王(左)と小型女王(右)

ハリナガムネボソアリ働きアリ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ハリナガムネボソアリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハリナガムネボソアリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS