ハラアカコブカミキリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > カミキリ > ハラアカコブカミキリの意味・解説 

ハラアカコブカミキリ

和名 ハラアカコブカミキリ
学名 Moechotypa diphysis (Pascoe,1871)
名称由来 別名:ベニフカミキリ
分布 本州四国九州壱岐対馬朝鮮半島東アジア
寄生植物 ノグルミブナ類、カシ類、コナラアベマキクヌギクリ
標本処理 亜硫酸○ 酢酸エチル○ 
体長 16-27mm  同定ヒント 幼虫

対馬から佐賀県上陸九州北部に広まり、中国関西地方にも勢力広めている。

2006年5月7日対馬市
ハラアカコブカミキリ
ハラアカコブカミキリ


2002年4月29日大分県緒方町秋田さん撮影

ハラアカコブカミキリ


2000年5月福岡県
ハラアカコブカミキリハラアカコブカミキリ 


上翅の基部近く隆起上には黒色長毛密生する。
ハラアカコブカミキリハラアカコブカミキリ

腹は赤い
ハラアカコブカミキリ


ハラアカコブカミキリ

和名:ハラアカコブカミキリ
学名Moechotypa diphysis Pascoe
    コウチュウ目カミキリムシ科
分布本州四国対馬壱岐
 
写真(上):交尾中のハラアカコブカミキリ(下が雌)
写真(下):ほだ木を後食中のハラアカコブカミキリ成虫
説明
成虫体長15〜30mm,体表正面黒褐色と淡赤褐色の微毛で覆われる。鞘翅基部近く黒褐色長毛密生した一対のこぶがある腹面には赤色斑がある。本種はもともとは国内では対馬のみに生息していたが,1970年代から九州本土での定着見られるようになった。年1化で,成虫越冬クヌギコナラアベマキなどの伐採木や枯れ木産卵し,幼虫が材内を食う。シイタケほだ木害虫として有名である。
交尾中のハラアカコブカミキリ(下が雌)

ほだ木を後食中のハラアカコブカミキリ成虫




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハラアカコブカミキリ」の関連用語

1
10% |||||

2
2% |||||

ハラアカコブカミキリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハラアカコブカミキリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カミキリ情報館カミキリ情報館
この記事は「カミキリ情報館」の中の「カミキリムシ図鑑21世紀」の記事・画像を転載しております。
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS