ディティールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ディティールの意味・解説 

ディティール

英語の綴りは「detail」。細部詳細細かな点、といった意味。

ディティール

名前 Dieter

ディテール

(ディティール から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 11:46 UTC 版)

ディテール:Detail)[1]


  1. ^ https://kuguru.jp/9404 「ディテール」の意味とは?使い方、反対語などを完全解説!
  2. ^ 例えば『戸田建設の建築標準ディテール図集 第3版設計・施工の蓄積から』(戸田建設建築工事技術部 編著 ISBN:978-4-395-32103-2 2018年)
  3. ^ 例えば、佐々木葉、「橋梁の形態構成とディテールデザイン」 『鋼構造論文集』 1995年 2巻 7号 p.9-18, doi:10.11273/jssc1994.2.7_9
  4. ^ 公式サイト
  5. ^ 脳科学にもとづく人間の7つの特性


「ディテール」の続きの解説一覧

ディティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 05:58 UTC 版)

ダイカスケール」の記事における「ディティール」の解説

「精密」謳われている通り比較凝ったディティールを用いているが、前述したST基準適合させ児童が遊ぶ際の安全性配慮してアンテナパンタグラフ主とする屋根周りや、車輪フランジ床下機器などの鋭利な箇所極力簡略化されている103系屋根当初は非冷房車クーラー表現無かったが、後に集中クーラーモールド追加されている。また近年ヘッドライト前面窓やグローブベンチレーターのモールド削除された。 塗装については、かつては個体差顕著であったが近年改善されており、ライト部の色差し車体色変更といった改良されている一例をあげると0系塗装が国時代アイボリーホワイトからJR化後オイスターホワイトに、103系ベース車体E231系近郊風の塗装を施すなどである。 なお、水性塗料塗装されているらしく、汗ばんだ手などで触ると色が手に移ったり指紋付いたりする。このため玩具というよりディスプレイモデルという傾向が強い

※この「ディティール」の解説は、「ダイカスケール」の解説の一部です。
「ディティール」を含む「ダイカスケール」の記事については、「ダイカスケール」の概要を参照ください。


ディティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 05:58 UTC 版)

ダイカスケール」の記事における「ディティール」の解説

初期のシャシーダイカストであった頃は、路線タイプ側面スピーカーグリル広告枠表現存在したが、プラスチックシャシーに変更された際に省略されている。 塗装については、他社ミニカーでは印刷表現されるような細かなストライプ文字が塗装によって表現されるものもある点が特徴的である。 モデル車両の塗装変更に合わせ、東京都交通局ではアイボリーホワイトスカイブルーの「美濃部カラー」から緑ラインの「ナックルライン」塗装変更され神奈川中央交通では下部ライン波形塗装直線変更されるなど、一部事業者モデルではリニューアル行われている。なお、東京都交通局美濃部カラー神奈川中央交通波形塗装は、その後復刻版として再発された。 なお、全事業者モデル最新塗装変更されているわけではなく、旧塗装のまま生産されているバス事業者多数ある。中には京王電鉄バスのように「京王帝都電鉄」として旧社名・旧塗装での製造販売継続されている事業者存在する。また札幌市交通局のように廃止により現存しない事業者バス販売されている。

※この「ディティール」の解説は、「ダイカスケール」の解説の一部です。
「ディティール」を含む「ダイカスケール」の記事については、「ダイカスケール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ディティール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ディティールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディティールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディテール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイカスケール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS