エアーバックとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > パラグライダー用語 > エアーバックの意味・解説 

エアーバック air bag

エアーバックハーネス
エアーバックハーネス
単体単品売り)でハーネス取り付けるものもあるが、最近ではハーネス一体型のエアーバックハーネスが殆どである。
空気を入れることにより、事故の際、衝撃和らげ体を保護する。
前方空気取り入れ口エアーインテーク)が設けられ、かつ外部圧力で簡単に空気抜けないよう逆流防止弁が付いている。
車のエアーバックはアクシデント同時にその衝撃により開く(膨れる)が、パラグライダー場合は、飛行中、常に膨れている状態になる。
キャノピーラム圧と同じ原理膨れているため、テイクオフ直後はまだ空気入りきっていないという欠点がある。これを補う為にバテンを入れ、最初からある程度空気を入れたものもある。
もう一つ欠点としてコンペハーネスなどに比べる空気抵抗大きことがある
確かに空気抵抗多少大きいが、見た目ほどではなく、特に上級者普及が低いのは見てくれが良くないからのようだ。

気泡緩衝材

(エアーバック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/11 10:00 UTC 版)

気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)は、包装等に使用される緩衝材の1つ。様々な呼称や商標については後述




「気泡緩衝材」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エアーバック」の関連用語

エアーバックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エアーバックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2018 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気泡緩衝材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS