さきまけとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > さきまけの意味・解説 

先負

読み方:せんぶ・さきまけ

六曜一つで、何事先んじてはいけないとされる日。午前中は凶、午後からは吉とされる訴訟などの争いごとは起こさないほうがよいとされる

六曜には「先勝友引、先負、仏滅大安赤口」の6種があり、先負は順序としては3番目に位置する。「先勝」は「先んずれば勝つ」を意味し、先負とは対極的位置づけとなっている。

先負け

読み方:さきまけ・せんまけ

先負」(せんぶ)に同じ。先負六曜で「午前は凶、午後は吉」とされる日。六曜には先勝友引先負仏滅大安赤口がある。

「先んずればすなわち負ける」という意味で、午前行動起こすと凶、午後からは吉になる日のこと。その日運勢や、方角による吉凶を表す「六曜」のひとつ。争いごとや急用催し事などはなるべく避け平静に過ごすことが推奨される。七五三お宮参りなど、子どもの健康を祈る行事結婚式などの吉事場合は、午後ら行えば良いとされるまた、葬式法事などの場合は、勝ち負けが関係していないため、午後に行っても問題がないと言われている。

同じく六曜一つである「先勝」は、急用勝負事良い日とされ、午前行動すると吉、午後から凶になる日を指す言葉旧暦では、3月1日9月1日先負にあたる。

さき‐まけ【先負け】

先負(せんぶ)」に同じ。


先負(せんまけ=又は、せんぷ・せんぶ・さきまけ、とも言う)

午前中は「凶」、午後は「吉」とされ、「先んずればすなわち負け」で、何事も急がず慌てず全て控え目にして、急ぎものがあっても午後に用を足すことを良とする日です。「負」を忌み嫌って、訴訟契約ごとは避けるとの考えあります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さきまけ」の関連用語

さきまけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さきまけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2020
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2020 Weblio RSS