けいげんぜいりつとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > けいげんぜいりつの意味・解説 

軽減税率

読み方:けいげんぜいりつ

特定の品目における課税率を、他の品目比べて低く定めること。

軽減税率が導入される目的場合によって異なるが、一般消費者低所得者消費活動救援する目的設けられることが多い。例え食料品に対して低所得者生活必需品を十分に購入できるように軽減税率を適用したり、一般人住居居住財産)を売却した場合事業者対す税率とは異な水準軽減租税適用したり、といった例を挙げることができる。

日本では2011年頃から、消費税を5パーセントから8パーセントへ、最終的10パーセントへと増税する消費税増税消費増税構想本格的検討されはじめた。税率10パーセント引き上げる際、低所得者対策として食料品などに軽減税率を適用することが提案されている。また、新聞社出版社などの中には文化育成目的のもとに新聞書籍などへの軽減税率を適用するよう声明発表しているものもある。

関連サイト
租税特別措置法 - e-Gov


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「けいげんぜいりつ」の関連用語

けいげんぜいりつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



けいげんぜいりつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS