かいげんほうようとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 法要 > かいげんほうようの意味・解説 

開眼法要(かいげんほうよう)

仏教における本尊仏像曼荼羅)・墓 石仏壇位牌などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招いて供養読経を頂いて行う入魂式(お精入れともいう)のことで、読経をあげて頂いた寺院僧侶に対して贈る謝礼表書き献辞上書き)に用いられます。
墓石建立場合は、開眼法要と同時に納骨法要行われるのが一般的です。祝賀金は「御入魂御祝」・「御墓石建立御祝」、内祝は「入魂内祝」・「墓石建立内祝」などとします。
開眼」とは、本来は「仏像目を開くということからきており、作られた物としての仏像に目 を描き入れる(魂を入れる)ことによって霊験ある仏様にするということで、それまで単なる作 り物であったものを聖なる物としての礼拝対象物にすることを言います。
「お精入れ(おしょういれ)」とは、根性正念・魂を入れるということです。
浄土真宗本願寺派大谷派など)では、教義違いにより開眼供養を用いず「建碑慶讃法要」・「入仏慶讃法要」 とします。



かいげんほうようと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かいげんほうよう」の関連用語

1
16% |||||

かいげんほうようのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かいげんほうようのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2019
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2019 Weblio RSS