入佛とは?

Weblio 辞書 > 生活 > 献辞辞典 > 入佛の意味・解説 

にゅう‐ぶつ〔ニフ‐〕【入仏】

仏像寺院迎え入れ安置すること。


にゅう‐ぶつ ニフ‥ 【入仏】

〔名〕

仏道にはいること。

性霊集‐二(835頃)大唐神都青龍寺三朝国師灌頂阿闍梨恵果和尚之碑「一字一句、入仏之父母者也」

仏像寺院迎え入れて、安置すること。

私聚百因縁集(1257)五「真とに入(ニフ)仏の伴要らず吾れ得と」


(御)入佛(式)(にゅうぶつ)

仏教浄土真宗本願寺派大谷派など)における入仏慶讃法要建碑慶讃法要の際に、本尊仏像脇掛け)・墓石仏壇過去帳などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招いて供養読経を頂いた寺院僧侶に対して贈る謝礼表書き献辞上書き)に、また祝賀金、内祝表書き献辞上書き)に用いられます。
浄土真宗本願寺派大谷派など)以外の宗派では、「御入魂」とします。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入佛」の関連用語

入佛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入佛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2021 GRAS Group, Inc.RSS