入仏慶讃法要とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 法要 > 入仏慶讃法要の意味・解説 

入仏慶讃法要(にゅうぶつきょうさんほうよう)

仏教浄土真宗本願寺派大谷派など)における開眼法要に当たるもので入仏法要にゅうぶつほうよう)ともいい、浄土真宗において本尊仏像・脇掛け)・仏壇過去帳などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招いて法要読経を頂いて行う入仏式の事で、読経をあげて頂いた寺院僧侶に対して贈る謝礼表書き献辞上書き)に用いられます。
祝賀金は「御入仏御祝」、内祝は「入仏内祝」とします。
浄土真宗本願寺派大谷派など)では、教義違いにより開眼法要という言い方は用いられません。
「入仏慶讃法要」とは、本尊仏像・脇掛け)・仏壇過去帳などの単なる造作物に入仏儀式を施すことによって、聖なる物としての礼拝対象物にすることを言います。
浄土真宗本願寺派・大谷派など)以外の宗派では、教義違いにより入仏慶讃法要を用いず「開眼法要」とします。



入仏慶讃法要と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入仏慶讃法要」の関連用語

1
100% |||||

2
76% |||||

3
38% |||||

入仏慶讃法要のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



入仏慶讃法要のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2019
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2019 Weblio RSS