おおふくまめとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 福豆 > おおふくまめの意味・解説 

大福豆(おおふくまめ)

大福豆は種皮だけでなく、へその部分までが真っ白な腎臓形の美しい豆です。斗六豆(とうろくまめ)、十六寸豆(とろくすんまめ)などと呼ばれることもありますが、これは豆を長径方向10粒並べると、ちょうど6寸(≒18.2cm)になるからだといわれています。また、一口に大福豆と言っても、「大福」、「洞爺大福」などの品種あります蔓性支柱が必要など栽培手間がかかり、価格高めなので、北海道では、虎豆白花豆などとともに、高級菜豆(こうきゅうさいとう)と呼ばれています。
食味良く白色という特徴を活かし、甘納豆煮豆和菓子などの原料及び家庭用として使われます。とりわけ甘納豆需要多く全体の4割位を占めます。家庭用としては正月豆きんとんなどに使われ、この食習慣九州中京関西地方根強いものがあります
日本では北海道中心につくられています。なかでも胆振(いぶり)地方で最も多く生産され、全体50以上にものぼります。続いて北見地方多く、この2つの地域全国栽培面積のほとんどを占めています。



おおふくまめと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おおふくまめ」の関連用語


2
6% |||||

3
4% |||||

おおふくまめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おおふくまめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本豆類基金協会日本豆類基金協会
Copyrights:(c) 2019 (財)日本豆類基金協会 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS