電子ブックリーダーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > リーダー > 電子ブックリーダーの意味・解説 

電子ブックリーダー

電子ブックリーダー 電子ブックリーダーは、通信ネットワークを介してコンテンツダウンロードし、いつでもどこでも文芸書や新聞雑誌購読できる情報端末をいいます。2年前に大手オンラインストアアマゾン・ドット・コムの「Kindleキンドル)」が登場した米国では2009年販売台数300台に迫る勢いアマゾンソニーの「Readerリーダー)」が猛追し、市場規模はこの1年で3倍に拡大しています。2社による事実上寡占状態に風穴開けようと、書店チェーン通信会社情報機器メーカーなどが参入業界垣根越え市場争奪戦発展しつつあります
 「キンドル」が人気を呼んでいる理由は、使い勝手良さ経済性ありますA5サイズ厚さ約9ミリ重さ292グラム一般単行本比べコンパクト液晶よりも読みやすいインチ画面備え第3世代携帯電話3G)の通信網を使って、書籍などのデータ最大1500取り込めます。画面バックライト式のモニタではなく電子ペーパー採用しているため、目に優しく消費電力少ない。1回の充電1000ページを読むことができます。また携帯電話によるデータ転送機能内蔵され、米国内の携帯電話と同じEVDOEvolution Data Onlyネットワークを使ってコンテンツ購入できますこのためパソコンシンクロさせたり、Wi-Fi内蔵機器のように無線LANスポット探したりする必要はありません。携帯電話がつながる主要都市であればビル電車の中など、どこにいてもコンテンツ購入できます
 30冊もの書籍のほか、新聞雑誌マンガなども入手が可能。厚めの本でもダウンロードには1冊1分程度しかかからず、25ドル書籍なら1ドル程度格安価格入手できることから、15冊も買えば本体価格295ドル)のもとが取れる計算になります。またダウンロードする際の通信費デジタル書籍代金含まれるため、別途通信会社契約する必要はありません。従来米国でのみ入手が可能でしたが、今秋から日本を含む世界100ヵ国へ出荷されています。アマゾン日本語対応版の提供も視野に入れている様子で、「すでに試作品完成発売間近」との情報あります
 電子書籍市場本格的立ち上がりをにらみ、今後日本情報機器メーカーによるキンドル追撃動きが活発になりそうですNECネットワーク経由サービス利用できる「クラウドコンピューティング」の中核機器位置づけ2010年内に米国日本事業化を計画しています。シャープ試作品開発を済ませ、ソニー日本市場への再参入(注)を狙っています。出版業界もキンドル対抗する動き見せています。講談社集英社など出版50社は、2010年1月から雑誌デジタル化するための実証実験始め11年をめどに雑誌内容パソコン携帯電話向けに有料配信できる体制目指しています。
  調査会社インプレスR&Dによると、08年度の国内電子書籍市場464億円で、前年度比べ31%も拡大しています。ただし86%を携帯電話向けが占め、約4割の伸び見せていることは見逃せない市場特性といえます。 加えてコンテンツ高価種類少ないことも専用端末普及妨げ要因になっています。日本市場専用端末携帯電話凌駕りょうが)してデファクトスタンダード事実上業界標準)にのし上がるには時間がかかりそうです。
注:ソニー2004年日本で電子ブックリーダー「リブリエ」を発売したが、07年5月撤退米国では06年秋「リーダー」を発売


(掲載日:2009/12/26)

電子書籍リーダー

読み方でんししょせきリーダー
別名:電子書籍リーダ,電子ブックリーダー,電子ブックリーダ電子書籍ビューア電子書籍ビューアー電子ブックビューア電子ブックビューアー電子書籍ビューワ電子書籍ビューワー電子ブックビューワ電子ブックビューワー電子ブックプレーヤーデジタルブックリーダーEブックリーダーe-Bookリーダー
【英】Digital Book Reader, Digital Book Viewer, e-reader

電子書籍リーダーとは、電子書籍電子ブック)と呼ばれるテキスト中心デジタルコンテンツ電子出版物)を閲覧するためのハードウェアもしくはソフトウェア総称である。

電子書籍リーダーを用いて電子書籍を読む方式は、印刷出版物文化デジタル化するものであると言える専用端末利用するタイプのものや、PDA携帯電話などを利用するもの、あるいは、専用ソフトウェア用いてPC閲覧するのもなど、複数タイプがある。また、電子書籍にはEPUBXMDFなど複数ファイル形式があり、電子書籍リーダーによってサポートされている必要がある

専用端末としての電子書籍リーダーは、端末小型化や、電子ペーパーおよび電子インク技術向上によるディスプレイ視認性の向上、コンテンツ配信チャネル整備などが進み北米などをはじめとして普及進みつつある。コンテンツ入手方法も、今日では無線LAN利用してオンライン購入し、ダウンロードする形式多くなっている。

電子書籍リーダー専用端末代表的製品としては、1990年ソニー発売した「データディスクマン」に始まり、米ソニー販売している「ソニーリーダー」、米Amazon.com発売した「Kindle」などがある。


参照リンク
電子ブックプレーヤー「データディスクマン」 - (ソニー製品情報
Reader Digital Book - Sony - (英語)
Amazon Kindle - (英語)
印刷・DTPのほかの用語一覧
電子書籍:  TSUTAYA GALAPAGOS  他炊  電子文書デリバリー  電子書籍リーダー  電子書籍  電子書店パピレス  電子書籍端末

電子ブックリーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/03 08:19 UTC 版)

電子ブックリーダー(でんしブックリーダー)とは電子書籍を閲覧するための専用端末(デバイス)、および電子書籍データを表示する専用ソフトウェアである。電子書籍ビューワー電子書籍専用端末デジタルブックリーダーEブックリーダーとも呼ばれる(英語ではこの他にereaderという呼称もある)。




  1. ^ クリスマスの売上、電子書籍が紙の本を超える 米アマゾン・ドットコム” (2009年12月27日). 2012年7月18日閲覧。
  2. ^ 最初の電子書籍用リーダーは1990年に発売された8cm CD-ROMを記録メディアに使った日本のソニー製電子ブックプレイヤー「データディスクマン」であった。その後、1993年にNECが3.5インチ・フロッピー・ディスクを使用した「デジタルブックプレーヤー」を発売した。5.6型モノクロ液晶画面と数個のボタンで操作する点はサイズなど含めて今日のKindleと似た形態であった。
  3. ^ biblio(TSY01)およびT002(TS002)は東芝が開発したauKDDI沖縄セルラー電話)向けの電子書籍アプリ対応携帯電話である。
  4. ^ 日本では国立国会図書館や複数の大学図書館、美術館などが著作権適用期間を過ぎた古い書物や古文書の電子化を行なっているが、これらは互いに異なるファイル形式で記述しているために、利用者には不便である。国立国会図書館-National Diet Library:電子図書館の蔵書
  5. ^ "Wall Street Journal"や"FOX"を保有する米Newsグループでは2009年から2010年に電子書籍への参入するとされる。"San Francisco Chronicle"や"ESPN"を保有する米Hearstも2009年に電子書籍への参入するとされる。米最大手の書店"Barnes & Noble"も2009年内に電子書籍販売サイトを立ち上げる。
  6. ^ 米Pixel Qi社は電子ペーパーと液晶の2つのモードを持つものがある。
  7. ^ IDG Japan 『MITメディアラボ、「100ドルノートPC」のプロトタイプを11月にリリースへ』 ITmedia、2005年9月29日。
  8. ^ 電子書籍化へ出版社が大同団結 国内市場の主導権狙い
  9. ^ 2009年2月にカシオ計算機は、「XD-GF10000」で文庫本を開くように本体を横位置にすると液晶画面にページ片側だけだが文庫本のような縦並び文章の表示が可能になっている。電子辞書が電子書籍の再生機能を公式に含んで販売される事は2009年6月現在まだ無く、カシオとシャープの電子辞書担当者はともに将来の展開について明言しないが、カシオでは出版社の協力が得やすいと言い、シャープでは電子辞書が今後そなえる低消費電力表示や通信機能などの技術は電子書籍機能の実現でも求められると言っている。
  10. ^ 松下が電子書籍に参入、記憶型液晶を採用の端末を開発”. ITmedia (2003年4月23日). 2012年7月18日閲覧。
  11. ^ 「新・読書端末「Words Gear」(ワーズギア)を開発』]”. 松下電器 (2006年9月26日). 2012年7月18日閲覧。


「電子ブックリーダー」の続きの解説一覧





電子ブックリーダーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電子ブックリーダー」の関連用語

電子ブックリーダーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMAハイスピード

Amazon Prime Air

Xbox 360

Samsung Z1

横棒グラフ

LuvPad

モノルビ

USBメモリ





電子ブックリーダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2016 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子書籍リーダーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子ブックリーダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS