米内光政とは?

米内光政

米内光政
総理在職期間
     昭15. 1.16~昭15. 7.22189
総理就任時年齢:59歳

米内光政 よない みつまさ

米内光政の肖像 その1

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

米内光政

読み方よない みつまさ

海軍大将政治家岩手県生。米内受政の長男連合艦隊司令長官林内閣海相となり、のち首相就任した。のち再び海相となり、終戦後難事善処した。海軍軍人の中で特に国際的視野広く戦争について信念をもち、陸軍強硬派への抵抗終始し、降伏のやむなきを主張しつづけた。昭和23年(1948)歿、69才。

米内光政

読み方:ヨナイミツマサ(yonaimitsumasa)

作者 阿川弘之

初出 昭和53年

ジャンル 小説


米内光政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 17:41 UTC 版)

米内 光政(よない みつまさ、1880年明治13年)3月2日 - 1948年昭和23年)4月20日)は、日本海軍軍人政治家。最終階級は海軍大将位階従二位勲等勲一等功級功一級。第23代連合艦隊司令長官。第39-41、49-52代海軍大臣第37代内閣総理大臣




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 倒閣は陸軍だけが考えた訳ではない。6月7日に立憲政友会正統派総裁久原房之助が同様の要求を行って拒絶されると、内閣参議を辞職して松野鶴平鉄道大臣ら閣僚・政務官の引揚を通告した。だが、政党派内部では久原のように新体制運動を支持する意見と鳩山一郎のように立憲民政党と合同してでも政党政治を守るべきとの意見が対立しており、鳩山側の松野が辞任に同調しなかったことと、新体制運動を進めていた近衛の側近達からも久原の行動を時期尚早として相手にされなかったため、最終的に久原1人が辞任する羽目となった。
  2. ^ 畑は当時の参謀総長だった閑院宮載仁親王から陸相を辞任するように迫られ、皇族への忠誠心が厚かった畑はその命令を断ることができなかった。閑院宮の顔を立てたいと考えていた一方で、どうしても内閣総辞職を回避したかった畑は、米内に対して辞表を提出しても受理しないよう内密に話をつけていたが、なぜか米内は辞表を受理した。
  3. ^ 井上は後に「貫禄負けでした」と述べている。東條内閣末期から米内邸に日参していた中山定義によると、大臣就任前から「井上は今どこにいる」「井上はいいな」とつぶやいたことがあり、米内が大臣に復帰したら次官は必ず井上だという感触をつかみ嬉しくなったと著書で述べている。
  4. ^ この経緯を後年井上は「ワンマン次官、いけなかったかしら」と述懐している[19]。海軍省が作成した大臣候補は井上であり、人事局が作成した案に「大臣 井上」と書かれた書類を見た井上は「自分が大臣に不適格であることは自分がいちばんよくわかっている。何としてでも米内さんにやっていただく」とハンコを押さず却下した。
  5. ^ のちに米内と共に内閣で終戦を主張する外務大臣東郷茂徳は当初どっちつかずの態度で、日記に「外務省は今の状況をわかっているのか」と苛立ちを書き記しているが、米内の地道な説得で和平へと傾いたといわれている。東郷が和平を主張し出した後は「東郷君がすべて(私が言いたいことを)主張してくれているから私からは何も言うことはない」と言って表だって発言することはなくなった。ただし、東郷の方もメモの中で5月11日の戦争最高指導会議構成員会合においで米内がソ連を仲介として軍事物資を獲得できないかとする提案を行ったことに「そのような余地は無い」と主張して米内の現状のソ連に対する認識の甘さを批判した上で和平の仲介以外望むべきではないと説いたことが記されており、米内・東郷ともに相手の和平に対する考えを探っていた段階にあったとも捉えられる。
  6. ^ 元々、米内と阿南は気質的な部分でなかなか反りが合わず、竹下正彦陸軍中佐は戦後「率直に言って、阿南は米内が嫌いだった。阿南は鈴木貫太郎首相に対しては、愛敬の念非常に深いものがあったが、米内をほめた言葉を聞いたことがない」と述懐しており、米内も小島秀雄海軍少将に対して「阿南について人は色々言うが、自分には阿南という人物はとうとう分からずじまいだった」と語っている阿川弘之 1982。また、終戦の玉音放送の原稿についても、「戦勢日ニ非ニシテ」を「これでは戦争に負けているように聞こえる」という阿南に対して、「現に負けているではないか」と言い返す米内で言い争いになったこともあるという。しかしこれは鈴木の仲介で阿南の主張が通り、「戦局必スシモ好転セス」と改められた。迫水久常は会議中に米内が中座する際、「ここは絶対に妥協しちゃ駄目だよ」と耳打ちされ、意を汲んで阿南に抵抗していたが、帰ってきたらあっさり訂正を認めたので拍子抜けした、と述べている。
  7. ^ ある知人が米内宅を訪ねた時、寝具などの荷物をすべてまとめており「(収監される)準備は完了だよ」と笑顔で答えたという。
  8. ^ 血圧は最高260、収縮時でも230ほどで心臓が肥大し背骨に接触していた程で、戦前の豊頬が見る影もなく痩せ細っていた。
  9. ^ 昭和16年(1941年)10月に近衛文麿が内閣を投げ出すと、後継首班を決める重臣会議では及川古志郎海相も総理候補として名も上ったが、これに猛反対して潰したのが米内と岡田啓介で、もう一人の候補だった東條はこの海軍の「消極的賛成」のおかげで次期首班に選ばれたという経緯があった。
  10. ^ 山田風太郎は、米内はこのような腹芸をするタイプではなく、通訳がいい加減だった為に頓珍漢なやり取りになったのではないかと記している[23]。また、そもそも米内内閣倒閣を推進した一派が参謀総長閑院宮載仁親王を御輿に担いでいたため、米内は皇室に累を及ぼすことを恐れて実状を口にすることを避けたともいわれている。しかし他の検事団も概ね米内を評価しており、ある若い検事が米内の後姿を見て「ナイス・アドミラル」と言っていたのを、『一軍人の生涯 提督・米内光政』を書いた緒方竹虎は聞いている。畑はその米内の態度について、「米内内閣は陸相たる私の辞職により総辞職の止む無きに至った。(中略)誠に申し訳ないことだったと自責の念に駆られている。(中略)その後大将はこんなことを根にも持たれないで私に対する友情も少しも変わらなかったことは、私が常々敬服するところである。(中略)[東京裁判にて] 毅然として私の弁護のために法廷に立たれ、裁判長の追及批判も物ともせず、徹頭徹尾私が米内内閣倒閣の張本人ではなかったことを弁護されたことは、私の感銘するところである。(中略)この一事は故大将の高潔なる人格を象徴して余りあるものと信ずる」と米内の銅像が盛岡に建てられた際に編纂された『米内光政追想録』に手記として残している。
  11. ^ 佐々木は米内と同じ岩手県出身でアニメでも東北訛りで演じている。

出典

  1. ^ a b c d e 阿川弘之 1982.
  2. ^ 緒方竹虎, p. 161-163.
  3. ^ 『歴代海軍大将全覧』「藤田尚徳」中公新書ラクレ
  4. ^ 吉田俊雄著『日本海軍のこころ』文春文庫 pp.310-312
  5. ^ 野村實 1996, p. 194-197「林内閣の海相人事」
  6. ^ 南京戦史資料集、偕行社、1989年
  7. ^ 福田和也『総理大臣の採点表』文藝春秋
  8. ^ 新名丈夫編『海軍戦争検討会議記録 太平洋戦争開戦の経緯』(毎日新聞社、1976年)pp.64-65
  9. ^ 岡田啓介回顧録 岡田貞寛編 毎日新聞社刊
  10. ^ 福田和也『総理大臣の採点表』文藝春秋
  11. ^ 野村實 1996, p. 197-203.
  12. ^ 福地誠夫『回想の海軍ひとすじ物語』(光人社)p.108
  13. ^ 野村實 1996, p. 203-213.
  14. ^ 朝日新聞昭和18年5月22日号
  15. ^ 帝国秘密探偵社『大衆人事録 東京篇』「井上達三」
  16. ^ 野村實 1996, p. 21.
  17. ^ 緒方竹虎, p. 37.
  18. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』12頁
  19. ^ 井上成美『思い出の記』
  20. ^ 戦史叢書93大本営海軍部・聯合艦隊(7)戦争最終期 471-473頁
  21. ^ 昭和天皇独白録
  22. ^ 読売新聞、2006年(平成18年)8月15日、第46850号 12版。
  23. ^ 『人間臨終図巻II』徳間文庫 ISBN 4-19-891491-5
  24. ^ 『資料日本現代史2』栗屋健太郎
  25. ^ 『朝日新聞』1946年3月11日一面。
  26. ^ 『朝日新聞』1952年3月4日夕刊一面。
  27. ^ 背広姿の米内の銅像
  28. ^ かわぐちかいじジパング 徹底基礎知識』(講談社、2003年)
  29. ^ a b c d e f g h 冨森叡児 2003, p. 89.
  30. ^ 七宮涬三 1994.
  31. ^ 一軍人の生涯 提督・米内光政
  32. ^ 山本五十六と米内光政 高木惣吉著
  33. ^ 半藤一利『指揮官と参謀 - コンビの研究』文春文庫、1992年
  34. ^ タイム 1937年8月30日号
  35. ^ タイム 1940年3月4日号
  36. ^ a b 『官報』1942年02月12日 賞勳局
  37. ^ 『官報』第3946号、昭和15年3月4日







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「米内光政」の関連用語

米内光政のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

豊田佐吉

井上良智

東久世通禧

斎藤実

野村靖

斎藤隆夫

大山捨松

小柴市兵衛





米内光政のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2017 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの米内光政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS