加藤高明とは?

加藤高明

加藤高明
総理在職期間
     大13. 6.11~大15. 1.28597
総理就任時年齢:64歳

加藤高明 かとう たかあき

加藤高明の肖像 その1
加藤高明の肖像 その2
加藤高明の肖像 その3
万延元年1月3日大正15年1月28日 (1860~1926)

愛知生まれ。外交官、政治家。父は名古屋藩士。東京大学法学部首席卒業し、三菱入社明治19年(1886)岩崎弥太郎長女結婚官界に転じ、大蔵省銀行局長、駐英公使などをつとめる。33年(1900)第4次伊藤内閣外相となる。35年(1902)衆議院議員当選東京日日新聞社長、第1次西園寺内閣外相駐英大使、第3次、第2次大隈内閣外相歴任大正4年(1915)貴族院議員勅選翌年憲政会総裁となる。13年(1924)護憲3派内閣の首相に就任翌年普通選挙法治安維持法日ソ基本条約成立させた。

キーワード 外交官, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

加藤高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 15:34 UTC 版)

加藤 高明(かとう たかあき、安政7年1月3日1860年1月25日) - 大正15年(1926年1月28日)は、日本外交官政治家外務大臣(第16192628代)、貴族院議員、内閣総理大臣第24代)などを歴任した。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 鉄道国有化反対を理由にわずか2ヶ月で辞任したが、実際には日露戦争後の陸軍の撤兵の遅さに対する不満と健康問題もあったとされている。
  2. ^ 現代ではこれを内閣改造とみなすことが多いが、加藤はこのとき内閣総辞職してからあらためて二度目の組閣の大命を受けているので、この日以後を「第二次加藤内閣」とする方が合理的である。実際1980年代はじめごろまでは教科書や参考文献の多くが「護憲三派の第一次加藤高明内閣」「憲政会単独の第二次加藤高明内閣」といった書き方をしていたが、首相官邸ホームページができてその歴代内閣一覧で第二次加藤内閣が無視された結果、多くの文献がこれを踏襲することになってしまった。なおこのあと、近衛文麿は第二次近衛内閣で意見が衝突した松岡洋右外務大臣を辞めさせるため、やはりいったん内閣総辞職してからあらためて組閣の大命を受けて松岡抜きの内閣を組織しているが、この明確に内閣改造を目的とした再組閣の後の内閣を、今日の総理官邸や日本人も、「第三次近衛内閣」と呼んでおり、明らかに一貫性を欠いている。
  3. ^ 新内閣の組織は、主権者の意思によるものであり、戦前は「大命降下」、戦後は「内閣総辞職」か「総選挙による新しい国会(実質衆議院)構成」の後に行われる。戦前は時折、この内閣総辞職にあたる全閣僚の辞表を取りまとめての提出がされており、しかしその都度受理されずに却下させることも多かった。加藤高明内閣においては、支持基盤の瓦解が理由であり、一旦はその後継の検討がなされ、大命が再降下されていることからも、別の新しい第二次内閣とした方が合理的であるが、大命再降下の後に辞表の差し戻しをしており、親任式も交替した3閣僚しか行われていない。教科書や歴史関連の専門書に第二次内閣扱いをしたものは多かったが、あくまで手続き的には内閣改造にあたると考えて問題はない。よく近衛内閣の第二次と第三次の違いと比較されるが、この際は辞表差し戻しが行われておらず、再度の首相拝命扱いとなっているので、事務的には明らかに違いが生じる。
  4. ^ 日新火災は2014年平成26年)現在東京海上ホールディングスの傘下なので東京海上日動火災保険同様三菱グループの損害保険会社である。
  5. ^ 玄三の妻・英子は上野の次女である[18]
  6. ^ 佐佐木の妻・米子は上野の四女であり、團の妻・美智子は上野の五女である[18]
  7. ^ 加藤が、駐英大使だった明治末期に『時事新報』に連載した匿名での著作『滞英偶感』(中公文庫、2015年)の解説を担当した。

出典

  1. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 24頁、26頁。
  2. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 24頁。
  3. ^ アジア歴史資料センターレファレンスコードA07062200000
  4. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 15頁。
  5. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、24-25頁。
  6. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、25頁。
  7. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 25頁。
  8. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、26頁。
  9. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 26頁。
  10. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 27頁。
  11. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 32-33頁。
  12. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 32頁。
  13. ^ Nomination Database I Kato Takaaki”. Official web site of the Nobel Prize. 2015年1月28日閲覧。
  14. ^ 佐藤 『門閥』 262-263頁、270頁。
  15. ^ 神 『閨閥』 400頁。
  16. ^ a b c d e f g 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 26頁。
  17. ^ 佐藤 『門閥』 262-265頁、276頁。
  18. ^ a b c 佐藤 『門閥』 449-451頁。
  19. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  20. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  21. ^ 『官報』第4487号「叙任及辞令」1898年6月16日。
  22. ^ 『官報』第4989号「叙任及辞令」1900年2月21日。
  23. ^ 『官報』第8251号「叙任及辞令」1910年12月21日。
  24. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  25. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  26. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  27. ^ 『官報』第4026号「叙任及辞令」1926年1月28日。
  28. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  29. ^ 『官報』第4301号「叙任及辞令」1897年10月30日。
  30. ^ 『官報』第7200号「叙任及辞令」1907年7月1日。


「加藤高明」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

衆議院議員 (帝国議会) 花村四郎  頼母木桂吉  加藤高明  永山忠則  寺井純司
貴族院勅選議員 南次郎  安楽兼道  加藤高明  安宅弥吉  伊藤述史
日本の外交官 池邊龍一  富田鐵之助  加藤高明  伊藤述史  加藤紘一
第二次世界大戦前の日本の政治家 廣田弘毅  頼母木桂吉  加藤高明  鹽野季彦  荒木貞夫
日本の内閣総理大臣 海部俊樹  米内光政  加藤高明  広田弘毅  菅直人
神奈川県選出の帝国議会議員 野田武夫  井上篤太郎  加藤高明  島田三郎  小泉又次郎
日本の男爵 成瀬正肥  佐竹義利  加藤高明  神尾光臣  上村彦之丞
日本の子爵 松平頼策  杉孫七郎  加藤高明  榊原政敬  渡辺千秋
日本の伯爵 山本権兵衛  井上馨  加藤高明  大村純英  渡辺千秋

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

加藤高明に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加藤高明」の関連用語

加藤高明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木戸孝允

下瀬雅允

青木周蔵

尾崎行雄

中野初子

島村抱月

島貫兵太夫

東郷茂徳





加藤高明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2017 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤高明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS