岩崎弥太郎とは?

いわさきやたろう いはさきやたらう 【岩崎弥太郎】 ○

(1834~1885) 実業家土佐の人。1870年明治3)に藩営を離れ大坂商会九十九(つくも)商会改称)を翌年引き継ぎ三川商会として独立三菱商会三菱汽船会社拡張発展させて海運業界に独占的地位占め政商として三菱財閥基礎を築いた。

岩崎弥太郎

作者童門冬二

収載図書日本復興者たち
出版社光人社
刊行年月2003.2

収載図書日本復興者たち
出版社講談社
刊行年月2006.1
シリーズ名講談社文庫


岩崎弥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/30 01:00 UTC 版)

岩崎 弥太郎[1](いわさき やたろう、天保5年12月11日1835年1月9日) - 明治18年(1885年2月7日)は、日本実業家三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。(後に)、雅号東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く[2]




  1. ^ 三菱史料館展示室に展示中の史料によると存命当時、活字は「岩﨑」を用いており、本人の署名は「岩嵜」であった。一方『平成新修 旧華族家系大成 上巻』(霞会館1996年刊)では「岩崎」となっており、現在の岩崎家は「岩崎」の表記を用いている。
  2. ^ 三菱グループなどでは「岩崎彌太郎」表記を用いている(参照:岩崎彌太郎年表
  3. ^ 赤塚不二夫は、ビル・ゲイツは、足利尊氏は...。成功者たちの「フシギな習慣」12選 ライフハッカー 2013年9月09日
  4. ^ a b c d e f g h i j 佐藤朝泰 『門閥 旧華族階層の復権立風書房1987年4月10日第1刷発行、ISBN 4-651-70032-2、262-263頁。
  5. ^ 佐藤 『門閥』 264-265頁。
  6. ^ 岩崎家傳記刊行会 編纂 『岩崎久彌傳』 東京大学出版会1961年12月2日発行、152頁。
  7. ^ a b c 『財界家系譜大観 第3版』 現代名士家系譜刊行会、1977年12月1日発行、511頁。
  8. ^ a b c 『財界家系譜大観 第4版』 現代名士家系譜刊行会、1980年8月1日発行、416頁。
  9. ^ a b c 『財界家系譜大観 第5版』 現代名士家系譜刊行会、1982年8月1日発行、450頁。


「岩崎弥太郎」の続きの解説一覧





岩崎弥太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

岩崎弥太郎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岩崎弥太郎」の関連用語

岩崎弥太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山県有朋

三宅雪嶺

林銑十郎

山内豊信

辰野金吾

鈴木喜三郎

中野正剛

武藤山治





岩崎弥太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩崎弥太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS