阿川弘之とは?

阿川弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 08:12 UTC 版)

阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年大正9年)12月24日 - 2015年平成27年)8月3日[1])は、日本小説家評論家




[ヘルプ]
  1. ^ 作家の阿川弘之氏が死去。文化勲章受章者、正論執筆メンバー 産経新聞 2015年8月5日閲覧
  2. ^ 新潮社(阿川弘之)
  3. ^ 私の履歴書 第三の新人』 115頁
  4. ^ 追悼の回想記『強父論』(文藝春秋、2016年)がある。
  5. ^ 50. 済美学校の碑 - Hiroshima Speaks Out.
  6. ^ 昭和18年9月3日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1205号。発令日は8月31日。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072092800 で閲覧可能。なお、昭和18年6月30日付 勅令第560号で海軍予備員令の改正があり、予備少尉といった予備士官の呼称はこの日を以って消滅している。
  7. ^ 私の履歴書 第三の新人』 203頁
  8. ^ 私の履歴書 第三の新人』 208頁
  9. ^ 私の履歴書 第三の新人』 209頁
  10. ^ 昭和19年8月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1563号。発令日は8月10日。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072100500 で閲覧可能。
  11. ^ 私の履歴書 第三の新人』 211頁
  12. ^ 阿川佐和子さん「震災を経験した子供は私たちより強くなる」
  13. ^ 私の履歴書 第三の新人』 211-212頁
  14. ^ a b c d 私の履歴書 第三の新人』 149頁
  15. ^ a b 私の履歴書 第三の新人』 150頁
  16. ^ 私の履歴書 第三の新人』 151頁
  17. ^ a b 私の履歴書 第三の新人』 192頁
  18. ^ 没後に、娘佐和子による言行回想録『強父論』(文藝春秋、2016年)が出された。
  19. ^ 『朝日新聞』1979年3月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  20. ^ 『亡き母や』 139-140頁
  21. ^ a b 『亡き母や』 140頁
  22. ^ a b c d 『亡き母や』 141頁
  23. ^ 『亡き母や』 142頁
  24. ^ a b c d e f 『亡き母や』 138頁
  25. ^ 阿川家の初代三之助は寛保3年(1743年)5月17日に没した。戒名は“釈浄円信士”(『亡き母や』 137-138頁)
  26. ^ 『亡き母や』 138 - 139頁
  27. ^ 『亡き母や』 143頁
  28. ^ 『日本海軍錨揚ゲ!』 84頁
  29. ^ 私の履歴書 第三の新人』 117頁
  30. ^ a b 『亡き母や』 47頁
  31. ^ a b c 『亡き母や』 41頁
  32. ^ a b c d 『亡き母や』 42頁
  33. ^ 私の履歴書 第三の新人』 122頁
  34. ^ 私の履歴書 第三の新人』 122、128頁、『亡き母や』 57-72頁
  35. ^ a b c d 『亡き母や』59頁
  36. ^ a b c 『亡き母や』51頁
  37. ^ 『亡き母や』52頁
  38. ^ a b 『亡き母や』33頁
  39. ^ a b c 『亡き母や』37頁
  40. ^ 『亡き母や』121頁
  41. ^ 『亡き母や』33-39頁
  42. ^ 尚という字が当時常用漢字外であることから、命名申請を役所で却下され、やむを得ずナホユキ(旧かな遣い。ナオユキと読む)と届け、後年「尚」が常用漢字に入ったのちに家庭裁判所へ届けて、戸籍上も尚之となったというエピソードがある。
  43. ^ 阿川佐和子による朗読CD『娘が読む 食味風々録』(新潮社、2008年)がある。


「阿川弘之」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阿川弘之」の関連用語

阿川弘之のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高砂丸

小倉久史

千頭川の渓流とトロッコ

大谷海水浴場

十和田

鞍馬山

アダム

八王子ラーメン





阿川弘之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿川弘之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS