東山和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 東山和紙の意味・解説 

東山和紙(とうざんわし)

所在地 岩手県一関市東山町
【主製品】 民芸紙・画仙紙障子紙
東山和紙の起源については諸説あってはっきりしていませんが、一般的な定説として平安末期文治5年(1189)に鎌倉勢に滅ぼされた奥州平泉藤原氏落人が、東山町一帯土着して農耕傍ら生活用品としてつくり始めたといわれ、約800年伝統あります文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正保2年(1645)には2名の漉き人が記録され、その後伊達藩奨励により盛んになり、正徳5年(1715)には163名の漉き人がいたといわれています。昭和17年には 285名を数え、主に冬期間の副業として漉かれ、県内始め東北各地広範販路を持っていました。

平成元年東山町無形文化財指定されましたが、現在手漉きをしているのは 3人で、年齢60歳前後です。後継者3年前に1人でき、現在盛んにやっています。年間通じて漉いているのは1人だけで、残り2人冬期間の副業として紙を漉いています。 幸いに観光地ありますので、加工して観光客土産品として販売しています。「紙すき館」という施設をつくり、紙漉き体験楽しめるようになっています。
東山和紙
東山和紙
東山和紙は地元栽培したコウゾ原料とし、独特な技法忠実に受け継ぎ紙質良い和紙を漉いています。古来より「寒紙」といって、冬の寒い季節に紙を漉き、これに和紙独特の優雅感じを表す「トロロアオイ」のネリ寒土好条件なため紙質良いとされています。特色コウゾ色をした自然の色と、繊細優美、素で丈夫な紙質です。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東山和紙」の関連用語

東山和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

さつま和紙

烏山和紙

山中和紙

成島和紙

山舟生和紙

名塩紙

西ノ内紙

加賀二俣和紙





東山和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS