淡路津名紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 淡路 > 淡路津名紙の意味・解説 

淡路津名紙(あわじつながみ)

所在地 兵庫県淡路市  
【主製品】 楮紙
淡路津名紙 1000年上の昔から淡路島でも紙漉きが行われており、戸籍用紙提出しておりました。近年では、明治から昭和初期まで、半紙塵紙盛んに漉かれていましたが、やがて姿を消ししまいました。それから半世紀昭和終わり頃、手漉き和紙取り組むようになりました。

現在、淡路島紙漉きは1軒で、副業で行っています。原料ネリトロロアオイ栽培も行っています。
島の特産タマネギユーカリの木などを使って、変化のある染紙や塵入り新し和紙を漉いています。
表皮・あま皮入り(左)とセンダンの種入り(右)



淡路津名紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「淡路津名紙」の関連用語

淡路津名紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



淡路津名紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2020 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS