切削加工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 加工 > 切削加工の意味・解説 

せっ さくかこう [5] 【切削加工】

( 名 ) スル
金属材料を,バイト・フライス・ドリルなどの工具用いて切ったり削ったりしながら所定寸法形状加工すること。

切削加工

英語 cuttingmachining

製造加工法なかでもっとも基本的加工方法のひとつで、工作機械切削工具を用い、切り屑出しながら、材料所定寸法形状および表面精度仕上げるための加工方法をいう。加工内容には、旋削平削りおよび形削りフライス削り歯切り穴あけタッピングなどがある。また、研削加工ラッピング加工も切削加工の部類である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

切削加工

読み方セッサクカコウ
【英】:cutting

切削加工とは、機械加工1つで、専用刃物(これを切削工具と呼ぶ)を用いて材料表面を切り削って除去し、特定の形状寸法加工すること。他の機械加工比べ精度が高い。一方、必ず切り屑(切粉)が出るため、その除去が重要で、工具材料摩擦熱対す冷却が必要な場合も多い。主にステンレスアルミなどの金属をはじめ、プラスチック木材などの加工使用される。
切削加工に使用する機械工作機械呼び旋削加工(材料回転する)では旋盤など、ミーリング加工(工具回転する)ではフライス盤などがある。
■ 関連技術

切削加工

切削加工は、材料不要部分工具により除去して目指す形状にする、金属加工では最も一般的な方法である。
切削加工は使用する機械の名称で区別されることが多く主な加工には、旋盤加工ボール盤加工中ぐり加工フライス加工平削り加工スロッター加工などがある。
切削加工に使用される刃物には、切れ刃が一か所のバイトと、円筒形刃物でその端面あるいは外周に切れ刃のあるドリル類およびフライス類などがある。切削工具材料としては、被加工物よりも硬く、かつ工作時の衝撃耐える靭性求められる。現在用いられている主な材料として、高速度工具鋼ハイス)、超硬合金サーメットセラミックCBNダイヤモンドなどがあり、また刃物表面コーティングを行うなどしてさらに特性改善したもの使用されている。
  超硬材料工具では、刃先本体部との熱膨張率の差による破損問題となるため、スローアウェイと呼ばれるボルトなどで超硬チップ機械的固定して使用する方法普及した。
  切削加工機械は、加工種別に応じて多様であるが、同一機械工具交換により別の加工を行うこともできる場合が多い。また、マシニングセンタのように、一つ機械多種の切削加工を行えるものも開発され、広く利用されている。
  切削加工は一般に他の加工方法比べ精度良く生産性が高い。特にNC数値制御)の普及により、一つ機械多様な加工柔軟に行えるため、他品種少量生産加工方法としても多く使用されている。

切削加工の種類
行える加工
主として工作物回転させ、バイト当て削り出しをする加工 外丸削り、中ぐり、突き切り、正面削り、ねじ切りなど。
主としてドリル使用して工作物穴開け加工を行う。ドリル主軸と共に回転し、軸方向に送られる。 穴開け加工
中ぐり加工 主軸取り付けた中ぐりバイト使用し、主軸繰り出し穴内面を拡げる加工を行う。バイト主軸と共に回転し、工作物又はバイト送り運動与える。 中ぐり加工
5面加工 工作物テーブル上に固定したまま、主軸又はテーブル可動させ、工作物の5面について加工を行う。 主軸セットした工具によってフライス加工穴開け加工など多様な加工が行える。
フライス加工 フライス工具使用し、平面削り、溝削りなどの加工を行う。フライス主軸と共に回転し、工作物送り運動与える。 平面削り、溝削り正面削りなど工具種類により多様な加工が可能。
ブローチ加工 ブローチ工具使用して、工作物表面又は穴の内面に、いろいろな形状加工を行う。ブローチ又は工作物は、主としてその軸方向に動かす。 穴内面の荒削りから仕上げ削り一度に行う。
穴開け加工 ボール盤以外のフライス盤マシニングセンタなどを用いて穴開け加工を行う。 穴開け加工
スロッター加工 工具上下方向直線運動させ、工作物送り運動組み合わせ内面外形を削る加工 加工スプライン加工
平削り テーブル水平運動させ、バイトテーブル運動方向と直角方向間欠的送り主として平面削りを行う。 平面削り加工
リーマ加工 ボール盤などで、リーマ用いて行う加工 穴内面の中ぐり、仕上げ加工
エンドミル加工 フライス盤で、エンドミル用いて行う加工 削り、段付け外形加工

用語解説

高速度工具鋼
高炭素鋼クロムモリブデンタングステン、パナジウム、コバルトなどの合金元素比較多量添加した工具鋼高速切削に適し、摩擦熱による高温によく耐える
超硬合金
融点金属の炭化物主成分とする耐摩耗性優れた、高硬度粉末冶金材料
サーメット
セラミック質の非金属金属相で結合した、耐摩耗性耐酸化性優れた粉末冶金材料
CBN
刃部の材料に、多結晶立方晶窒化ほう素焼結体使用たバイト
スローアウェイ
三角形または多角形コーナー(角)部を刃先とする取り外し可能なチップ一つ刃先工具寿命達し場合に他のコーナーまたはチップ取り換え作業継続する。
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

切削加工

素材から切る,削る,開ける等の作業から形を作る加工のことで、挽き物削り物とも言われる製品寸法適した棒材丸材六角材,四角材等の材料を、工作機械チャック固定し、それを回転させながら切削工具によって切削したり穴開け加工する方法で、近年NC旋盤プログラム制御による自動切削普及している。ただ、切屑が出る,歩留まりが悪い,数が出来ない事等が欠点ではあるが、少量時、サンプル品等冷間加工等が困難、又は採算上不利な場合利用される。

切削加工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/15 04:32 UTC 版)

切削加工(せっさくかこう)は切削工具類を用いて対象物を切り削る加工方法である。 除去加工とも呼ばれる[1]。 なお、大きな外力によって対象物を変形させて目的の形状を得る塑性加工とは区別される。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 堂田邦明著、『金型のしくみ』、ナツメ社、2010年5月5日初版発行、ISBN 9784816348433


「切削加工」の続きの解説一覧





切削加工と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「切削加工」の関連用語

切削加工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

駆動系

5面加工

タイヤウォーマー

ブロー成形

ムジェロ

焼入れ

ボディサイドトリム

フライス加工





切削加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2017 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切削加工 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS