ダイヤモンドとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ダイヤモンド > ダイヤモンドの意味・解説 

ダイアモンド [4] 【diamond】

ダイヤモンド

ダイヤモンド [4] 【diamond】

炭素からなる鉱物立方晶系に属し,普通は八面体をなす鉱物。純粋なものは無色透明,ときに黄・赤青・緑色など。美し光沢をもち,屈折率大きく宝石として珍重される。どの炭素原子も,それを中心とする正四面体頂点位置する四個の炭素原子共有結合しており,全体として一個巨大分子形成する。きわめて安定で,硬度天然存在する物質中で最大南アフリカ共和国キンバリーが主産地人工的には黒鉛から高温高圧(約摂氏2000度,10万気圧)の下で合成される。研磨材ガラス-カッター各種切削工具などに用いる。金剛石ダイヤ
野球で,内野のこと。
ビリヤードで,競技台の外枠にはめ込まれている印。

【ダイヤモンド】(だいやもんど)

編隊の名称の一つ

ひし形の4機編隊で、下図のような編隊を言う。(ナンバーは何番機かをあらわす)

上方向が針路方向で、上面から見た俯瞰図とする。
  ↑
 #1
#3  #2
  #4

関連シュヴァルム フライト

IMG_3074.jpg

Photo:MASDF

ダイヤモンド(Diamond)

ダイヤモンド
Udachnyi Mine,Sakha,Russia
C 画像の幅約1.1cm

キンバレー岩中のダイヤモンドです。

ダイヤモンド(Diamond)

ダイヤモンド
中国 山東省 蒙阿 勝利2号
C 画像の幅約4mm

キンバレー岩中の透明な正8面体結晶がダイヤモンドです。
この標本紫外線照射する黄色蛍光観察できます

ダイヤモンド

<jmol diamond.pdb.gz></jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ダイヤモンド

作者A.P.ド・マンディアルグ

収載図書燠火マンディアルグ短編集
出版社白水社
刊行年月1989.7
シリーズ名白水Uブックス

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月1997.2

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月2000.6
シリーズ名光文社文庫


ダイヤモンド

作者近松秋江

収載図書近松秋江全集 第4巻
出版社八木書店
刊行年月1992.12


ダイヤモンド

作者伊藤智明

収載図書ちょっとすとぉりぃ
出版社日本図刊行
刊行年月1998.12


ダイヤモンド

作者小玉珠悟

収載図書七色のをなに
出版社文芸社
刊行年月2007.9


ダイヤモンド

名前 Diamond

金剛石

読み方:ダイヤモンド(daiyamondo)

作者 泉斜汀

初出 明治36年

ジャンル 小説


ダイヤモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/21 22:32 UTC 版)

ダイヤモンド[1]英語: diamond [ˈdaɪəmənd])は、炭素 (C) の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。日本語で金剛石(こんごうせき)ともいう。ダイヤとも略される。結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。宝石研磨材として利用されている。ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。




[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、237頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 日本で初めての天然ダイアモンド発見 東京大学 大学院理学系研究科・理学部
  3. ^ 「宝石の写真図鑑」p. 54 キャリー・ホール著 日本ヴォーグ社 1996年3月1日第1刷
  4. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』pp. 216–218、明石書店 ISBN 4750306991
  5. ^ R. H. Wentorf, R. C. DeVries, and F. P. Bundy "Sintered Superhard Materials" Science 208 (1980) 873
  6. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  7. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  8. ^ 藤原修三・古賀義紀 「ダイヤモンドの硬さを凌ぐか-立方晶窒化炭素の世界初の合成-」(工業技術院物質工学工業技術研究所)
  9. ^ Pan, Z.; Sun, H.; Zhang, Y.; Chen, C. "Harder than Diamond: Superior Indentation Strength of Wurtzite BN and Lonsdaleite" Phys. Rev. Lett. 2009, 102, 055503. DOI: 10.1103/PhysRevLett.102.055503
  10. ^ Natalia Dubrovinskaia et al. (2006). “Superior Wear Resistance of Aggregated Diamond Nanorods”. Nano Letters 6: 824–864. doi:10.1021/nl0602084. 
  11. ^ ダイヤモンド・ナノロッド凝集体の優れた磨耗抵抗性
  12. ^ a b c d 松原聡著 BLUE BACKS 『ダイヤモンドの科学』 2006年5月20日第1版発行 ISBN 4-06-257517-5
  13. ^ 難波義捷「日本におけるダイヤモンド状薄膜の開発経過
  14. ^ Yarnell, Amanda (2 February 2004). “The Many Facets of Man-Made Diamonds”. Chemical & Engineering News (American Chemical Society) 82 (5): 26–31. ISSN 0009-2347. http://pubs.acs.org/cen/coverstory/8205/8205diamonds.html. 
  15. ^ Laboratory Grown Diamond Report for Gemesis diamond, International Gemological Institute, 2007.
  16. ^ Gemesis lab-grown diamond site goes live, National Jeweler, March 19, 2012.
  17. ^ DeMarco, A. Gem-Quality White Diamonds Created in Laboratory, Forbes, March 14, 2012.



ダイヤモンド

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 23:05 UTC 版)

名詞

ダイヤモンド

  1. 炭素結晶であり、非常に硬く透明鉱物宝石として珍重される他、工業用途にも用いられる。金剛石ダイヤ
  2. 野球ソフトボールにおける4つのベースを結ぶ正方形のこと。
  3. トランプ絵柄一つダイヤ

発音

だいやもんど;daiyamondo
IPA: /??/
X-SAMPA: /??/

語源

翻訳

鉱物
野球用語
トランプ絵柄

参照






ダイヤモンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダイヤモンドに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイヤモンド」の関連用語

ダイヤモンドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

都茂鉱

ミグ

コンドロ石

落下式タンク

ベラウン石

ヘリコプター

碧玉

カールグスタフ





ダイヤモンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2016 Shinichi KATO All rights reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイヤモンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダイヤモンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS