ヘイトクライムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ヘイトクライムの意味・解説 

ヘイトクライム

別名:憎悪犯罪
英語:hate crime

人種宗教などに対す差別意識憎悪動機とする犯罪行為総称人種民族宗教、あるいは障害持っていることや、同性愛のような特定の嗜好対す差別暴力もヘイトクライムに含まれる

多種多様人種共存する米国では、ヘイトクライムは長らく大きな問題となっており、特に2001年同時多発テロ事件以降イスラム教徒対するヘイトクライムが特に深刻化しているという。全米年間6000件、7000件といった単位のヘイトクライムが発生している。

2012年8月米国ウィスコンシン州で男がシク教寺院押し入り、銃を乱射してシク教徒6名を殺害した事件では、犯人死亡したため真偽定かでないが、ヘイトクライムによる犯行だったと見られている。

関連サイト
Hate Crimes - FBI
米国内で増加するヘイトクライムの現状について - 在ニューヨーク日本国総領事館
2012年08月09日更新

ヘイトクライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/13 08:24 UTC 版)

ヘイトクライム: hate crime憎悪犯罪[1])とは、人種民族宗教性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す[2]。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public Law101-275) 」と定義されている[3][4]前田朗によれば「人種・民族・国民的な差異をことさらにターゲットにして行われる差別行為とそうした差別の煽動」[5]である。




[ヘルプ]
  1. ^ ヘイト‐クライム デジタル大辞泉 - コトバンク
  2. ^ a b ブリタニカ百科事典ヘイトクライム (英語)
  3. ^ (新恵里 2001, p. 141)
  4. ^ PUBLIC LAW 101-275—APR. 23, 1990 (PDF)”. 2015年11月閲覧。
  5. ^ 「ヘイト・クライム―憎悪犯罪が日本を壊す」前田朗(三一書房労働組合 2010/04)
  6. ^ a b 前嶋和弘, 文教大学人間科学部準教授ヘイトクライム〔憎悪犯罪〕規正法とその問題点[リンク切れ]
  7. ^ “銃乱射容疑者、元米陸軍兵 シーク寺院の事件”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年8月7日). http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080601003176.html 2014年1月29日閲覧。 
  8. ^ “NYで線路に男性突き落とし殺害 女訴追、憎悪犯罪か”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年12月30日). http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012123001001181.html 2014年1月29日閲覧。 
  9. ^ 米大統領「ヘイトクライムは許されない」 イスラム教徒射殺事件で声明 産経ニュース 2015年2月14日
  10. ^ 米、ヘイトクライムで3人訴追 黒人学生を侮辱、暴行 47NEWS(よんななニュース) 2013年11月23日
  11. ^ Pat Buchanan Dis-Integrating America Townhall Aug 28, 2015
  12. ^ Ashley Fantz; Faith Karimi; Eliott C. McLaughlin (2016年6月13日). “Orlando shooting: 49 killed, shooter pledged ISIS allegiance”. CNN. http://edition.cnn.com/2016/06/12/us/orlando-nightclub-shooting/ 
  13. ^ 「日本人といるな」反日夫婦と日本領事館職員が殴り合い=韓国 サーチナ2013年5月13日
  14. ^ オンライン経済新聞のe-today2007/04/25。「ベトナムでの集団見合いで『裸の検査』 」(韓国日報 韓国語 2007/04/26)
  15. ^ 朝鮮日報 2008/03/14
  16. ^ 「上福岡市在日韓国・朝鮮人児童・生徒にかかわる教育指針について」[リンク切れ]では被害者が在日朝鮮人三世であり、民族差別が背景にあったとも指摘されている。
  17. ^ 西野瑠美子『エルクラノはなぜ殺されたのか』明石書店、1999年
  18. ^ 『世界』(7月号)中村一成「ヘイトクライムに抗して──ルポ・京都朝鮮第一初級学校襲撃事件」
  19. ^ “朝鮮学校で「スパイの子」 “抗議行動”を告訴へ”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年12月18日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121801001139.html 2014年1月29日閲覧。 
  20. ^ 生野通り魔 逮捕の男、韓国籍と判明 精神疾患で入退院繰り返す 産経新聞 2013年5月22日
  21. ^ 【生野通り魔】「日本人なら何人も殺そうと思った」 逮捕の男が供述 府警が捜査本部設置”. 産経新聞 (2013年5月22日). 2013年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  22. ^ 「日本人の弁護人イヤ」殺人未遂容疑で韓国籍の無職男を再逮捕 大阪・生野の通り魔事件”. 産経新聞 (2013年6月12日). 2013年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  23. ^ 大阪・生野の通り魔事件 韓国籍の男、心神喪失で不起訴”. 産経新聞 (2013年11月15日). 2013年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  24. ^ “社説[障がい者施設殺傷]兆候は幾つも出ていた”. 沖縄タイムス. (2016年7月27日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=180289 
  25. ^ “相模原・障害者殺傷 ヘイトクライム許さない 「優生思想、尊厳抹殺の克服を」”. 東京新聞. (2016年7月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016073002000275.html 
  26. ^ 人権問題としての新木場事件
  27. ^ “少数民族ロマ襲撃相次ぎ8人死亡 ハンガリー、憎悪犯罪か”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年8月14日). http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081401000545.html 2014年1月29日閲覧。 
  28. ^ : Ku Klux Klan Act
  29. ^ : federally protected activities
  30. ^ 18 U.S.Code§245
  31. ^ 前嶋和弘「ヘイトクライム [憎悪犯罪] 規正法とその問題点」(アメリカ・カナダ研究 2000 上智大学アメリカ・カナダ研究所)NAID 40004769422
  32. ^ : Hate Crime Statistics Act of 1990
  33. ^ 前嶋和弘2000
  34. ^ : Hate Crimes Sentencing Enhancement Act of 1994
  35. ^ 例えば過重暴行の場合、判決ガイドラインに定められた基本となる反則レベルは15だが、ヘイトクライムが認められた場合18となり、実際の判決も「禁固18カ月 - 24カ月」から「禁固27カ月 - 33カ月」と厳しくなる。
  36. ^ 前嶋和弘2000
  37. ^ 「現代イギリスにおける公共秩序法の研究」元山健(早稲田法学1988-12-25、早稲田大学法学会)P.108、PDF-P.52[1][2]
  38. ^ : Racial hatred offences。日本語訳については元山(1988)[3]P101、PDF-P.45
  39. ^ Anti-terrorism, Crime and Security Act 2001. Part5 Race and Religion. 40 Racial hatred offences: penalties In section 27(3) of the Public Order Act 1986 (c. 64) (penalties for racial hatred offences) for “two years” substitute “ seven years ”.(legislation.gov.uk)[4]
  40. ^ 日本国憲法における「表現の自由」の意義、梅山香代子
  41. ^ 山口厚『刑法総論』有斐閣大谷實『新版 刑法講義総論』成文堂、裁判所職員総合研修所監修『刑法総論講義案』司法協会大塚仁『刑法概説(総論)』有斐閣ほか刑法総論の基本書多数あり。
  42. ^ 東京新聞 (2013-3-29)「こちら特報部 欧州との違い 法規制なし」
  43. ^ 前田朗『ヘイト・クライム法研究の射程 人種差別撤廃委員会 第79会期情報の紹介』pp. 5-13 NAID 40019492803
  44. ^ 前田朗『ヘイト・クライム法研究の射程 人種差別撤廃委員会 第79会期情報の紹介』pp. 12-13 NAID 40019492803
  45. ^ ヘイト・スピーチ処罰は世界の常識である(前田朗Blog)を参照。
  46. ^ a b 第183回国会 参議院法務委員会 第7号 [5]
  47. ^ : Hate Crimes Sentencing Enhancement Act of 1994
  48. ^ ジェームス・ジェイコブス英語版(ニューヨーク大学法科大学院教授)など
  49. ^ Jacobs and Potter,Hate Crimes
  50. ^ James Morsch,“The Problem of Motive in Hate Crimes: The Argument against Presumptions of Racial Motivation,” Journal of Criminal Law and Criminology 82 (1991) 659-96
  51. ^ (新恵里 2001)
  52. ^ 月刊機関紙『法と民主主義』435号(日本民主法律家協会、2009年1月)<刑事法の脱構築 1> 「人種差別の刑事規制について」
  53. ^ “憎悪の表現と法規制 ヘイトスピーチ 朝日新聞「報道と人権委員会」”. 朝日新聞: p. 朝刊12版9面. (2015年7月21日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11871163.html 


「ヘイトクライム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヘイトクライムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘイトクライム」の関連用語

ヘイトクライムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

OASYS 48VA112

EH101

鎌田用水

第八十一玉高丸

透水性レジンモルタルシステム工法

合わせ包み

アブラボウズ

500形





ヘイトクライムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘイトクライム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS