ノーベル平和賞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ノーベル平和賞の意味・解説 

ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/18 08:39 UTC 版)

ノーベル平和賞(ノーベルへいわしょう、スウェーデン語ノルウェー語: Nobels fredspris、英語: Nobel Peace Prize)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された五部門のうちの一つ。




[ヘルプ]
  1. ^ ノーベル公式サイト ノーベル平和賞歴史(英語)
  2. ^ ノーベル平和賞 (Norway the official site in Japan)
  3. ^ a b c d e f g h Facts on the Nobel Peace Prize - ノーベル賞公式サイト(英語)
  4. ^ The Nobel Prize Amounts - ノーベル賞公式サイト(英語)
  5. ^ “今回はマララさん…「ノーベル平和賞は論争を呼ぶ賞」”. 中央日報. (2014年10月13日). http://japanese.joins.com/article/214/191214.html 2014年10月13日閲覧。 
  6. ^ ノーベル平和賞に対抗 “茶番劇”孔子平和賞に失笑 本家同様、受賞者不在] 産経新聞2010年12月9日
  7. ^ 「金大中ノーベル賞は工作」暴露の元情報員、米国に亡命へ=韓国 サーチナ2012年1月25日
  8. ^ ノーベル平和賞はしばしば政治的に使われていた
  9. ^ Federation of Social Workers (IFSW) – IFSW supported nomination of Irena Sendler for Nobel Peace Prize. IFSW. 2010年12月10日閲覧
  10. ^ オバマ大統領へのノーベル平和賞授与に批判-「早まった聖人化」” (日本語). ブルームバーグ (2009年10月10日). 2011年1月29日閲覧。
  11. ^ クリストファー・ヒッチェンズ (2009年12月22日). “あまりに軽いオバマのサプライズ受賞” (日本語). ニューズウィーク. 2011年1月29日閲覧。
  12. ^ “Obama: Nobel Peace Prize is call to action”. CNN. (2009年10月9日). http://articles.cnn.com/2009-10-09/world/nobel.peace.prize_1_norwegian-nobel-committee-international-diplomacy-and-cooperation-nuclear-weapons?_s=PM:WORLD 
  13. ^ 『中国新華社「平和賞の名声損なう」と批判論評』 産経新聞2012年10月13日
  14. ^ 『授賞は「悲劇的過ち」チェコ大統領」と批判論評』産経新聞2012年10月13日
  15. ^ 「政治的」また批判の声 実績より期待感後押し 産経新聞2012年10月13日
  16. ^ イラン国会、「西側は、ノーベル平和賞を政治的に利用」 イラン・イスラム共和国放送2012年10月13日
  17. ^ 「若過ぎる」と懸念も=マララさん、一躍人権のヒロインに―ノーベル平和賞 時事通信2014年10月10日


「ノーベル平和賞」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ノーベル平和賞に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーベル平和賞」の関連用語

ノーベル平和賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ノーベル平和賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル平和賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS