トランポリンとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > トランポリンの意味・解説 

トランポリン [2] 【trampoline】

運動用具の一。カンバス地の布を四角にばねで張ったもの。上で跳びはねて宙返りなどの技を行う。また,その運動商標名。
運動競技したもの二人一組みで協調性競うシンクロナイズド-トランポリン,跳馬要領演技するダブル-ミニ-トランポリンなど。

トランポリン

作者ヴァニヤ・レイノヴァ

収載図書アメリカ新進作家傑作2006
出版社DHC
刊行年月2007.8


トランポリン

起源と歴史

現在の形のトランポリンが日本上陸したのは、'59年のことである。持ち込んだのはジョージ・ニッセン氏(アメリカ人)で、当時全米チャンピオン連れてトランポリンの普及日本訪れた…というよりは売り込みに来たと言う方が正しいかもしれません。

「トランポリン」の語源中世ヨーロッパサーカス芸人の名前からきており、空中ブランコの下に張られたネット利用して、いろいろな宙返りをして見せたのがその始まりではないかと言われています。

時は流れ、'30年代入り第2次世界大戦が始まると、アメリカではパイロット養成一過程として格納庫100台程の固定式トランポリンを並べ空中感覚の育成のために使用しました。大戦後前述ニッセン氏はこの運動の素晴らしさに目をつけ、スポーツとして確立できないものかと考えました。物づくりが趣味であった彼は台を組み立て式に改良し、移動収納が簡単にできるものを考案。そして、トランポリン会社設立し、全世界に向けトランポリンの販売普及始めたのです。当時日本持ち込まれた第1号の台は、現在でも早稲田大学のトランポリンの授業使用されています。

彼が作ったトランポリンは当時アメリカ社会爆発的ブーム巻き起こし全米にトランポリン場が乱立しました。一時我が国でもボウリング流行し、ボウリング場全国にできたのと同じ状態が起こったのです。

ところが、エスカレートするにつれ怪我人続出し、しかも頚椎損傷などの重傷者が出たことから LIFE誌がトランポリンは危険なスポーツであると決め付けしまいました。このことにより一気ブームは去り、トランポリン場は倒産閉鎖追い込まれました。純粋にスポーツとして愛好していた者たちにとっては非常にショック出来事であり、その後アメリカでは教育の場でトランポリンが取り上げられることはほとんど無くなり、スポーツクラブだけで細々続けられることとなりました。

しかし、その陰でヨーロッパに渡ったトランポリンはこのことを教訓に、ドイツフランスイギリス等を中心にきちんとした指導の下に競技スポーツとして確立されていったのです。


特徴

トランポリン競技は、演技美しさと技の難しさ競う採点競技です。試合はまず第1演技、第2演技からなる予選行い上位8名が決勝進出し、再度演技し、順位決定します。演技10種類異なった技を連続して行い、その完成度を競います。演技美しさ審査する演技審判員は5名おり、最高点と最低点を削除した3名の合計点が演技得点となります。これに技の難しさ審査する難度審判員が、技を点数化した難度点(第1演技では選手指定した2種目分、第2演技では10種目分)を出し、それらを加算したもの選手得点となります。演技中のジャンプの高さは男子選手では7mにもなり、間近見ていると自分の上降りかかってくるような錯覚をおこすほどの迫力です。

決勝予選得点全て無くなり、決勝で行った演技得点だけで争われる一発勝負です。そのため得点差をつけて1位で予選通過した選手も安心することはできず、逆に8位で予選通過した選手でも一発逆転優勝チャンスがあり、観客にとってはどの選手優勝するか予想がつかず、まさに手に汗握る勝負観戦できるのです。

個人競技得点算出方法
  1審 2審 3審 4審 5審 難度 合計
 第1演技 9.1 9.3 9.5 9.4 9.2 2.3 30.2
 第2演技 8.7 8.9 9.0 8.6 8.8 13.5 39.9
 得 点             70.1
※第1演技は1審、3審カット 第2演技は3審、4審カット

種目

種目は個人シンクロナイズド団体ありますシンクロナイズドは、2名の選手が2m離れ並行に置かれた2台のトランポリンで全く同じ演技同時に行い演技難度加え同時性競う競技です。2名の選手動きどれだけ正確に合うかが勝負分かれ目となり、息がぴったり合った演技は非常に見応えありますまた、団体は4名で構成され、個人の第1演技、第2演技それぞれの上位3名の得点合計予選順位決定します。上位5チーム決勝進出し各チーム3名が演技行い、その合計点で優勝チーム決定するのです。

シンクロナイズド競技得点算出方法
  1審 2審 3審 4審 5審 同時性 難度 合計
 第1演技 9.1 9.3 9.5 9.4 9.2 18.0 2.0 47.9
 第2演技 8.7 8.9 9.0 8.6 8.8 19.5 13.5 59.4
 得 点               107.3

これから

最後にこれから展望ですが、'05年の6月ブルガリア行われワールドカップ日本選手団世界各国驚嘆させるとんでもない成績収めました。男女個人男女シンクロの4種目中、女子個人を除く3種目で優勝したのです。これまでの国際大会で、これほど好成績収めた国はかつて無かったのではないでしょう日本選手、特に男子選手演技完成度の高さと難度の高さに場内惜しみない拍手を送ってくれました。

そして、9月オランダ行われ世界選手権大会も、日本男子個人2位、3位、シンクロ3位、団体2位と優勝こそ逃したものの、他の国を圧倒する好成績収めたのです。

しかし、安心してはいられません。今回団体優勝した中国がすでに真後ろに迫ってきているのです。彼らの力は我々の想像を遥に超えたものです。中国はつい最近までトランポリンは正式競技として行ってはいませんでした。'95年中国体育科学研究所の譚所長に何故中国ではトランポリンを行わないのか尋ねたことがあります彼の答えはたった一言オリンピック種目ではないから」でした。ところが’97年9月シドニーオリンピックから正式種目になることが決まるや否や翌年オーストラリア行われ世界選手権大会大調査団を派遣し、各国選手練習から本番まで全てビデオ録画して帰ったのです。それだけではなく1セット百万円もするトランポリンを40セットも買って帰り全国体育学院配りコピー作成し、才能ある子供たちを集め練習開始したのです。百万といえば中国では家が1軒建てられる金額です。

さらに驚いたことは、その年12月行われワールドカップ早くも選手派遣してきたのです。当時実力まだまだ日本Bクラス程度でさほど気にも留めませんでしたが、その9ヶ月後に行われ世界選手権大会では世界トップレベル難度を持つ選手成長していたのです。これには我々もかなり驚かされました。もしオリンピック出場するためにアジア予選が行われるようになれば、日本出場獲得できなくなる可能性が出てきたからです。

今後中国だけでなく、更なる国が名乗り上げてくる可能性は非常に大きく日本の各選手監督コーチはそのことをよく踏まえて今後選手育成精進していかなければならないのです。



トランポリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 02:16 UTC 版)

トランポリン(Trampoline)は、四角、もしくは丸型の枠に伸縮性のある丈夫な布を張り渡しゴム・ケーブルまたはスプリングで固定した運動器具。この上で人が跳躍をくり返すと反発力により、トランポリンを使用しない時の数倍もの高さにジャンプすることが可能となる。






「トランポリン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トランポリン」の関連用語

トランポリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゲートボール

スポーツチャンバラ

ラケットボール

なわとび

ラグビーフットボール

デュアスロン

タッチラグビー

3B体操





トランポリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランポリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS