球根 球根の概要

球根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 16:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
食用球根の代表であるタマネギ(紫色品種)

球根の分類

球根は以下の6種類の総称であるが、狭義には鱗茎だけをさす。塊根担根体以外の4種は植物学的には地下茎である。

鱗茎(りんけい)
タマネギのように、短縮茎に葉(鱗葉)が重なり合い層状になっているもので、他には、ヒガンバナチューリップヒヤシンスニンニクラッキョウなどがある。ユリのように、爪状のはがれやすい肥厚化した鱗葉が状に重なったものは鱗状鱗茎(うろこじょうりんけい)という[1]。食用のいわゆるユリ根は通常鱗茎に含まれる。また、ランの仲間には偽鱗茎と呼ばれる構造をもつものがあるが、これは構造的には塊茎に近い。
球茎(きゅうけい)
茎自身が肥大化して球状になったもので、葉鞘乾燥した薄皮で包まれているもの。クロッカスグラジオラスフリージアアヤメサトイモコンニャクなど[1]
塊茎(かいけい)
短縮した地下茎自身が肥大化し状になったもので、薄皮で包まれていないもの。シクラメンアネモネベゴニアチョロギジャガイモなど[1]
根茎(こんけい)
水平方向に伸びた地下茎が肥大化したもの。ライゾームともいう[2]カンナハスレンコン)、ショウガなど[2][3]
塊根(かいこん)
根の部分が肥大化したもの[2]ダリアサツマイモキャッサバなど[2][4]
担根体(たんこんたい)
根でも茎でもない、ヤマノイモ属に特有の器官ヤマノイモナガイモなどのヤムイモ類。

植え付け時期による分類

球根は、植え付け時期により、春植え、夏植え、秋植えに分類される[3]

春植え球根
春分のころから5月上旬に植え付けるもの。主に熱帯地方の原産で、寒さによわく、降霜で地上部がかれる。ダリア、グラジオラス、カンナ、チューベローズなど。このほかに、室内栽培専用のグロキシニア球根ベゴニア、カラディウム、アキメネスなどがある[3]
夏植え球根
秋植え秋咲き球根ともいう。しばしば秋植え球根にふくめられる。8月下旬から秋分のころに植え付け、晩秋から初冬に開花するもの。リコリス(彼岸花属)、ステルンベルギア、コルチカム、サフランなど[3]
秋植え球根
10月から11月に植え付け、冬の寒さに感応して、花芽分化、花芽の伸長、茎葉の伸長がおこなわれて、翌年の春から初夏にかけて開花するもの。耐寒性種にチューリップヒヤシンスクロッカスムスカリダッチアイリスアネモネシラーなど[3]。半耐寒性種にラナンキュラスフリージアイキシアバビアナスパラキシスなどがある。

  1. ^ a b c d 『これだけは知っておきたい園芸の知識』 16頁。
  2. ^ a b c d e 大久保敬「生物コーナー 球根の休眠 植物の生活環をどうとらえるか」『化学と生物』第33巻第9号、日本農芸化学会、1995年、 doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.33.582NAID 100049730432020年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『これだけは知っておきたい園芸の知識』 17頁。
  4. ^ 『これだけは知っておきたい 園芸の知識』 16-17頁。


「球根」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「球根」の関連用語

球根のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



球根のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの球根 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS