フランシス・ウォルシンガム フランシス・ウォルシンガムの概要

フランシス・ウォルシンガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/03 08:01 UTC 版)

サー・フランシス・ウォルシンガム
Sir Francis Walsingham
生年月日 1532年
出生地 イングランド王国ケント州チズルハースト英語版
没年月日 1590年4月6日
死没地 イングランド王国ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学キングス・カレッジ
称号 ナイト
配偶者 アン
ウルスラ英語版
親族 第2代エセックス伯爵(娘婿)
第4代クランリカード伯爵英語版(娘婿)
第3代エセックス伯爵(孫)
初代クランリカード侯爵英語版(孫)

在任期間 1573年 - 1590年
女王 エリザベス1世

在任期間 1570年 - 1573年

在任期間 1587年 - 1590年

庶民院議員
選挙区 バンベリー選挙区英語版
ライム・レジス選挙区英語版
サリー選挙区英語版
在任期間 1559年
1563年 - 1567年
1574年 - 1590年
テンプレートを表示

テューダー朝最後の女王エリザベス1世に重臣として仕えた。秘密警察長官スパイマスター的立場にあり、国内外に情報網・監視網を張り巡らせ、反エリザベス陰謀の摘発にあたった。駐フランス大使(在職:1570年 - 1573年)や国王秘書長官(在職:1573年 - 1590年)などの官職を歴任。


注釈

  1. ^ スコットランド女王メアリーは1567年に夫ダーンリー卿を殺害した容疑でプロテスタント貴族たちによってスコットランド王位を追われた。1568年にイングランドへ亡命し、スコットランド王位を取り戻すための助力をエリザベスに要請したが、拒否され、以降イングランド国内で緩やかな軟禁状態に置かれていた[3]

出典

  1. ^ a b c d e f g h "Walsingham, Francis (WLSN548F)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  2. ^ a b c ヒバート(1998) 上巻 p.225
  3. ^ 青木(2000) p.91-94
  4. ^ 石井(2009) p.366
  5. ^ a b 青木(2000) p.104
  6. ^ 石井(2009) p.376
  7. ^ 青木(2000) p.111
  8. ^ 青木(2000) p.112
  9. ^ a b 石井(2009) p.383
  10. ^ a b ヒバート(1998) 上巻 p.226
  11. ^ 今井(1990) p.106-107
  12. ^ 青木(2000) p.100-102
  13. ^ 青木(2000) p.132
  14. ^ 石井(2009) p.384
  15. ^ a b 石井(2009) p.420-421
  16. ^ 青木(2000) p.132-133
  17. ^ 青木(2000) p.135-139
  18. ^ 塚田(1996) p.33/40-41/43
  19. ^ 今井(1990) p.72
  20. ^ 青木(2000) p.141
  21. ^ トレヴェリアン(1974) p.83
  22. ^ トレヴェリアン(1974) p.83-84
  23. ^ 石井(2009) p.455
  24. ^ 石井(2009) p.452
  25. ^ a b c 石井(2009) p.467
  26. ^ 石井(2009) p.486-487/500
  27. ^ 塚田(1996) p.60
  28. ^ 石井(2009) p.487
  29. ^ トレヴェリアン(1974) p.83-84
  30. ^ トレヴェリアン(1974) p.84
  31. ^ 石井(2009) p.385-386
  32. ^ ヒバート(1998) 上巻 p.231
  33. ^ 石井(2009) p.386
  34. ^ Lundy, Darryl. “Sir Francis Walsingham” (英語). thepeerage.com. 2014年4月7日閲覧。
  35. ^ Lundy, Darryl. “Frances Walsingham” (英語). thepeerage.com. 2014年4月7日閲覧。
  36. ^ 石井(2009) p.432-433
  37. ^ IMDb. “Elizabeth (1998)” (英語). IMDb. 2014年4月4日閲覧。
  38. ^ IMDb. “Elizabeth I (2005)” (英語). IMDb. 2014年4月4日閲覧。


「フランシス・ウォルシンガム」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランシス・ウォルシンガム」の関連用語

フランシス・ウォルシンガムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランシス・ウォルシンガムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランシス・ウォルシンガム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS