hydroxycitronellalとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > hydroxycitronellalの意味・解説 

(−)‐ヒドロキシシトロネラール

分子式C10H20O2
その他の名称:(-)-ヒドロキシシトロネラール(-)-Hydroxycitronellal、[S,(-)]-7-Hydroxy-3,7-dimethyloctanal
体系名:[S,(-)]-7-ヒドロキシ-3,7-ジメチルオクタナール


(+)‐ヒドロキシシトロネラール

分子式C10H20O2
その他の名称:(+)-Hydroxycitronellal、(+)-ヒドロキシシトロネラール、[R,(+)]-7-Hydroxy-3,7-dimethyloctanal
体系名:[R,(+)]-7-ヒドロキシ-3,7-ジメチルオクタナール


ヒドロキシシトロネラール

分子式C10H20O2
その他の名称:シクラリア、シクロシア、ヒドロキシシトロネラール、Cyclalia、Cyclosia、Hydroxycitronellal、Citronellal hydrate、7-Hydroxy-3,7-dimethyloctanal、フィキソール、フィキシア、Phixia、Fixol、ラウリナール、Laurinal、ヒドロキシジヒドロシトロネラール、Hydroxydihydrocitronellal
体系名:7-ヒドロキシ-3,7-ジメチルオクタナール


ヒドロキシシトロネラール

名称ヒドロキシシトロネラール
英名hydroxycitronellal
別名オキシシトロネラール
化学式C10H20O2
香りスズラン
状態l (無色粘性
融点
沸点116(5mmHg)
比重0.9920(d20)
性質有機溶媒に易溶/不溶
用途セッケン洗剤化粧品
有機200
無機165
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ヒドロキシシトロネラール

(hydroxycitronellal から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 03:17 UTC 版)

ヒドロキシシトロネラール: Hydroxycitronellal)は、化学式C10H20O2で表される有機化合物である。スズランの香りを持ち、香水などに使われる。


  1. ^ a b c d ヒドロキシシトロネラール”. 富士フイルム和光純薬. 2018年6月6日閲覧。
  2. ^ ヒドロキシシトロネラール”. 総務省消防庁 危険物災害等情報支援システム. 2018年6月6日閲覧。
  3. ^ (平山 2017, pp. 205-206)


「ヒドロキシシトロネラール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「hydroxycitronellal」の関連用語

hydroxycitronellalのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



hydroxycitronellalのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2018 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒドロキシシトロネラール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS