路車間通信とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 路車間通信の意味・解説 

路車間通信

英語 road-to-vehicle communication

AHSASVの7つのサービスなど、各種走行支援のために道路システムクルマとの間で行われる双方向通信のこと。ITSの進展に伴い、より安全に走行するためのVICSなど、走行支援渋滞低減のためのETCなど路車間通信は重要である。現在、光および電波用いて路上器と車載器との間で走行中に双方向通信可能な5.8GHz帯のアクティブ方式狭域通信(DSRC)が採用されている。この方式は高速かつ大量情報授受優れており、ITSサービス統合的実現するスマートウェイにとって有望な通信方式とされている。このため今後増大するざまざまなITSアプリケーション利用できる互換性と、高い信頼性確保やほかの通信手段とのベストミックスの手確立標準化化が不可欠である。

路車間通信

参照 狭域通信(DSRC)、高度道路交通システム自動運転道路システム自動料金収受システム(ETC)、スマートウェイ(次世代道路)、ビーコンシステム
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「路車間通信」の関連用語

路車間通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



路車間通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS