車車間通信とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 車車間通信の意味・解説 

車車間通信

英語 inter-vehicle communications

高速道路などで、走行制御情報や安全走行のための情報を、クルマ同士直接やりとりする通信のこと。車線変更合流障害物検出回避などのほか、複数台の車両プラトーン走行を行う協調走行、および隊列への合流離脱事故などの緊急事態後続車に伝え、2次災害防止する際に必須の技術である。通信媒体として、日本行われ自動運転道路システムのロンジチューディナル(縦方向)制御では赤外線FM波が用いられ、2000年11月協調走行デモでは、ETCで用いられている5.8GHz帯が用いられた。さらに、狭いエリアでの通信に適し、周波数空間的な利用効率が高い60GHz帯の利用検討されている。

反対語 路車間通信
参照 自動運転道路システム自動料金収受システム(ETC)、車群協調走行システムプラトーン走行
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

車車間通信に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「車車間通信」の関連用語

車車間通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重心

アンチロールバー

インテグラルリヤアクスル

ステップワゴン

走行性能曲線図

ペダル配置

パラレルリンクストラット式独立懸架サスペンション

リトラクタブルヘッドランプ





車車間通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS