赤瓦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 赤瓦の意味・解説 

赤瓦(あか がわら)

赤い色をした瓦を赤瓦と呼んでいる。赤瓦には塩焼瓦沖縄の赤瓦の二つがある。塩焼瓦焼成最終段階で食塩投入して焼く。
沖縄の赤瓦屋根は、平瓦に当たる女瓦の上に丸瓦相当する男瓦載せ、その継目白の漆喰塗り固めたものである赤と白コントラストのある屋根沖縄町並み作り出している。
しかし明治22年までは一般住宅では赤瓦屋根禁止されていたので、伝統的といって民家に赤瓦が葺かれようになったのは比較新しいことである。
沖縄の赤瓦は現在では那覇市北部西原町与那原町周辺製造されている。沖縄の瓦メーカーでは伝統的な赤瓦だけでなくS型瓦も生産されている。これはスパニッシュ瓦ベースにした本土S型瓦と違って沖縄の赤瓦の男瓦女瓦一体化させたものであるS型瓦はRC住宅などの屋根にも使われている。


赤瓦

読み方あかがーら

赤瓦は沖縄定着しているように思われがちだが、昔は灰色系の瓦が主流で、赤色系の瓦が現れるのは18世紀だという。このころ社寺役所などの建設盛んになり、瓦需要にわかに高まった。そこで経済的な理由で各地で瓦生産可能な赤瓦が生産されるようになったという。
赤瓦は男瓦(ウーガーラ)と女瓦(ミーガーラ)から構成されている。男瓦半円筒型一端に玉縁(たまぶち)という部分ついている玉縁とは接続部のことで、これと女瓦一組となる。女瓦平板を少し反らせ形で女瓦葺き並べた継目の上に男瓦かぶせて葺く。瓦のジョイント部分漆喰塗り固めるため耐震耐風優れた瓦となる。
なお瓦葺き一般に認められたのは明治以降のことで、漆喰シーサー屋根に置く風習この頃から始まったようだ。

赤瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 16:23 UTC 版)

赤瓦(あかがわら)




「赤瓦」の続きの解説一覧



赤瓦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤瓦」の関連用語

赤瓦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤瓦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2023 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2023 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤瓦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS