緑視率とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 緑視率の意味・解説 

緑視率

読み方:りょくしりつ

人の視界の入る緑の割合景観中に占め草木分量を示す値として用いられる。

一般的に草木の緑が一定分量以上あることで人心によい影響与えるとされている。2011年8月現在、京都府京都市兵庫県西宮市の目神山地区をはじめ、市街地景観として緑視率を重視する自治体が増えつつある。

京都市では、市街地景観において緑視率が10パーセント以上あることが、緑の多さを実感できるか否か分岐点定め市街地あらゆる箇所で緑視率の向上を目指している。目神山地区では、自治会レベル自主的ルール作り推進同地区における緑視率の規制を行っている。

緑被率

(緑視率 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/21 15:29 UTC 版)

緑被率(りょくひりつ)とは、一定の広がりの地域で、樹林草地農地園地などので覆われる土地の面積割合で自然度を表す指標の一つ。撮影した空中写真などを測定データとして用いている。


  1. ^ a b c 緑被率の計算方法”. 金沢市. 2016年10月11日閲覧。
  2. ^ a b 沖縄県景観形成ガイドライン V章 参考資料”. 沖縄県. 2019年7月19日閲覧。
  3. ^ みどりの協定を締結してください”. 神奈川県. 2019年7月19日閲覧。


「緑被率」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緑視率」の関連用語

緑視率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



緑視率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緑被率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS