第八十一玉高丸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > 四国フェリーのフェリー > 第八十一玉高丸の意味・解説 

第八十一玉高丸(2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 22:58 UTC 版)

1997年竣工同年10月就航699→965総トン全長71.6m、幅14.3m、出力2,600馬力航海速力13.5ノット最大14.5ノット)。 旅客定員300名。車両積載数:トラック(8t換算22台。 高松宇野航に就航。同航路では最新の船舶だったが、減便に伴い2009年退役その後、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}日本国外売却[要出典]された。

※この「第八十一玉高丸(2代)」の解説は、「玉高丸」の解説の一部です。» 「玉高丸」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第八十一玉高丸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第八十一玉高丸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
四国フェリーグループ四国フェリーグループ
COPYRIGHT © 2022 四国フェリーグループ ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの玉高丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS