第三国定住制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 第三国定住制度の意味・解説 

第三国定住制度

難民本国避難先のいずれでもない第三国定住するための制度

第三国定住

読み方:だいさんごくていじゅう
別名:第三国定住制度
英語:Refugee Resettlement

難民第三国受け入れ制度紛争迫害などにより母国を追われ、難民キャンプなどで生活している者を、第三国定住先として受け入れ取り組み

第三国定住は国連難民高等弁務官事務所UNHCR)の主導のもとに、受け入れ表明した国が実施している。受け入れ国の例としては、米国オーストラリアなどが挙げられる。

日本でも、2008年に第三国定住の試験的実施決定。パイロットケースとして、ミャンマー政府からの迫害を受けてタイメーラ・キャンプ難民キャンプ)に滞在しているカレン族難民受け入れ始めている。UNHCR協力得て定住者候補者選出し、書類選考面接調査経て受け入れ対象者選定される。到着後は一定期間日本語教育職業訓練を受けさせ、自立目指す

日本試験的実施の中で、1回につき30程度、計90程度受け入れ予定取り組みを行っている。2011年9月現在、第2回の受け入れが進められている。

ちなみにカレン族独立巡ってミャンマー政府闘争している民族で、数万人がタイ難民として逃れているという。

関連サイト
難民問題と日本 - 外務省
第三国定住によるミャンマー難民の来日 - 外務省プレスリリース 平成22年10月13日
第三国定住による難民の受入れに関するパイロットケース実施の具体的措置について
UNHCR


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第三国定住制度」の関連用語

第三国定住制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第三国定住制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS