比翼の鳥とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 比翼の鳥の意味・解説 

ひよく‐の‐とり【比翼の鳥】

読み方:ひよくのとり

雌雄それぞれ目と翼を一つずつもち、2羽が常に一体となって飛ぶという、中国空想上夫婦の仲のよいことにたとえられる

極楽鳥(ごくらくちょう)の別名。


比翼の鳥

作者都筑道夫

収載図書雪崩太郎全集
出版社出版芸術社
刊行年月1993.9
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書雪崩太郎全集都筑道夫恐怖短篇集成 3
出版社筑摩書房
刊行年月2004.7
シリーズ名ちくま文庫


比翼の鳥

作者八剣浩太郎

収載図書浮かぶ瀬もなし
出版社徳間書店
刊行年月1998.7
シリーズ名徳間文庫


比翼の鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 02:04 UTC 版)

比翼の鳥(ひよくのとり、: 比翼鸟)は、古代中国の伝説上の生物。鶼鶼、蛮蛮とも呼ばれる。伝説では、1つの翼と1つの眼しか持たないため、雄鳥と雌鳥が隣り合い、互いに飛行を支援しなければ飛ぶことができない。『山海経』の「五蔵山経西山経」によれば、この鳥が現れると、洪水が起きるという。『爾雅』の郭璞による注釈によれば、鳧(マガモ)に似て、青赤色をしている。


  1. ^ 株式会社大紀元 (2006年6月24日). “「比翼の鳥」と「連理の枝」の由来”. 大紀元日本. 株式会社大紀元. 2018年5月6日閲覧。
  2. ^ 『爾雅』「釋地」”. 中國哲學書電子化計劃. 2018年5月6日閲覧。
  3. ^ 中国三国時代の魏の詩人・曹植による詩文集。


「比翼の鳥」の続きの解説一覧



比翼の鳥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

比翼の鳥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



比翼の鳥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比翼の鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS