摺とは?

こする、印刷する、などの意味で用いられる字。「錦絵摺るなどのような表現用いられる。

す・る【摩・擦・磨・擂・摺・刷】

1⃣ 〔他ラ五(四)

① 物と物を触れ合わせる。こする。

(イ) 他の物に触れてなでるようにこする。

書紀720継体二一六月前田本訓)「今こそ使(つかひ)たる者(ひと)は、昔は吾が伴(ともたち)と為(し)て、肩摩(スリ)肘触(す)りつつ」

万葉(8C後)五・九〇四「立ち踊り 足須里(スリ)叫び 伏し仰ぎ 胸うち嘆き

(ロ) 二つの物を触れ合わせて交互に動かす。特に、「手をする」の形で用いて助命哀願許可などを乞(こ)う意を表わす

蘇悉地羯羅経略疏寛平八年点(896)二「二の手相ひ揩(スル)を即ち不浄とす」

源氏100114頃)紅葉賀いみじう怒れる気色もてなし太刀引抜けば、女、あが君あが君と向ひて手をするに、ほとほと笑ひぬべし」

一方を他にこすりつけ摩滅させる。

(イ) 刃物などをとぐ。といで鋭利にする。

出雲風土記733意宇「箭(や)を磨(す)り、鋒(ほこ)を鋭くし」

大智度論平安初期点(850頃か)一〇「石を以て之を磨(スリ)」

(ロ) 墨を硯にこすって墨汁をつくる。

(10C終)二八「硯に髪のいりてすられたる」

小学読本(1884)〈若林三郎〉五「先づ体を正しくし墨を高く取り端正に磨り」

(ハ) とぎだす貝がらなどを漆で塗りこんで磨き出す。

落窪(10C後)四「北方、いとよくしたる扇二十(かひ)すりたる蒔絵の箱に白い物入れて」

(ニ) (紙上の文字などを)削ってなくす。

小右記万寿四年(1027)四月二一日「明日良胤他行替補闕請事之子細綱所本寺解文到来日、摩良胤改入解文宜」

③ 鉢や臼などの中で、おしつぶして細かくくだく。すりつぶす

今昔1120頃か)二「種々の香を買て、〈略〉自から香を搗き磨て室に塗る」

④ すりへらしてなくしてしまう。また、費やす使いはたす。〔日葡辞書(1603‐04)〕

人情本恩愛二葉草(1834)三「首尾能く借りた三両を、十両に仕ようと思ふ壺がからりと外れ元手までも摺(ス)って仕まった素寒貧

(5) へつらうごきげんとりをする。「胡麻(ごま)をする」

(6) ⇒する(掏)

(7) (摺・刷) ある形をこすって他にうつす。

(イ) 型木におしあてて、染料で色をつけ模様染めだす。色や絵柄布地うつしとる

万葉(8C後)七・一一五六住吉遠里小野真榛(まはり)もち須礼(スレ)る衣の盛り過ぎ行く

古今(905‐914)秋上・二四七「月草に衣はすらむあさ露にぬれてののちはうつろひぬとも〈よみ人しらず〉」

(ロ) 版木活字などに墨やインキ染料などをつけて、紙などに字や絵をうつしとるまた、文字や絵を版木にきざむ。

*金刀比羅本平治(1220頃か)下「月ごと三十三礼の聖容をすりたてまつる

道草(1915)〈夏目漱石〉二五「日本紙活版で刷(ス)った予約八犬伝を」

2⃣ 〔自ラ下二〕 ⇒すれる(摩)


す・れる【摩・擦・摺・磨】

〔自ラ下一〕 [文]す・る 〔自ラ下二

① 物と物とが触れ合って動く。こすれるすれあう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

浄瑠璃丹波与作待夜の小室節(1707頃)道中双六「かかはもと御前様奉行人与作殿はおくごせう互にわか木の恋風に、すれつもつれつ一夜二夜とたびかさなり

② 物と物とが触れ合って傷つきそこなわれる。こすれて減ったり切れたりする。

御伽草子草子室町末)「もものあたりもすれ候ていたく候」

多くの人に接して世慣れる世間になじむ。また、世間でもまれて純粋さを失ったり、悪賢くなったりする。世間ずれがする。

浮世草子諸国心中女(1686)一「女こころといひしかも此道にすれたるくせものの、年だにはたちにたらねば」

他人との仲が悪く、いがみあう

歌舞伎好色芝紀島物語(1869)二幕「それに又わたしとは、まだ玉苗(たまなへ)といはしゃんして朋輩で居た時分からすれて居た中なれば」


すり【摺・刷・摩】

〔名〕 (動詞「する(摩)」の連用形名詞化

絹布顔料、または染料模様すりつけること。また、そのような布の衣。板木型紙に、草木花鳥などを彫りきざみ、古く木型場合は、ひめのりを布に包んで木型の上打ちつけ、のりをつけ、その上に布をかけて、よくおしつければ木型所が高くなる。それを花や藍葉を包んだ布でこすると高い所が染まって模様あらわれる。型紙は、それを布に当てて、染料をつけた刷毛(はけ)でする。花摺島摺、もじ摺などの種類がある。

宇津保(970‐999頃)楼上上「女房車ども、かんの殿の上三車紅のうちあはせに、はじの織物次々のは、朽葉、かうかさねいろのすりの大海の裳なり」

印刷すること。また、印刷物やそのできぐあい

御湯殿上日記文明一五年(1483九月一日「りしやう院よりあなひ一すりまいる」

③ 米の籾をこすって殻を除くこと。また、その米。

長宗我部氏掟書(1596)五五条「年貢之事、惣別摺」

④ 「すりばかま摺袴)」の略。

海人刈藻物語(1271頃)三「頭黒らかに生ひて、すりなど着て、山伏葛城(かつらぎ)の行者などのやうなる人」

(5) 三味線奏法の名で、左の指を使って絃を上または下に摺(す)る技法のこと。こき。


読み方:ずら

  1. 逃走ノ意ニシテ破獄脱監或ハ無銭遊興等。〔第三類 犯罪行為
  2. 無銭飲食或は破獄逃走。「ずらかる」「ずらす」「ずらく」「ずらん」ともいふ。
  3. 物品借受。②無銭飲食(らじお)。③外走すること。「ずらかる、すらく、ずら人」ともいう。

読み方:ずらかる

  1. 贓品処分すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/02/05 13:15 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「摺」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
76% |||||

摺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



摺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS