外交官の家とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 外交官の家の意味・解説 

外交官の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/17 00:27 UTC 版)

外交官の家(がいこうかんのいえ)は、1910年(明治43年)に建築された塔屋付き木造2階建の西洋館1997年重要文化財に指定。明治政府外交官内田定槌の邸宅として、アメリカ人建築家ジェームズ・ガーディナーの設計により東京都渋谷区南平台町に建てられた。1997年(平成9年)に、内田定槌の孫の宮入久子から横浜市に寄贈され、山手イタリア山庭園に移築復元のうえ一般公開された。1階は食堂と客間、2階は寝室書斎が再現され、展示室にはガーディナーの建築作品や、当時の外交官の暮らしに関する資料が展示されている。附属棟には喫茶コーナーが設けられている。 座標: 北緯35度26分12秒 東経139度38分36秒 / 北緯35.436626度 東経139.643409度 / 35.436626; 139.643409




「外交官の家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外交官の家」の関連用語

外交官の家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



外交官の家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外交官の家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS