卵歯とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 卵歯の意味・解説 

卵歯

英訳・(英)同義/類義語:egg tooth

卵生動物孵化前に胚の口の上部にできる硬い突起卵殻を破るのに使われる。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  卵巣  卵巣小管  卵形嚢  卵歯  卵筒  卵胞  原口

卵歯(らんし) egg tooth

幼体卵殻を破って外に出るのに使用する吻端の突起。これには、上顎の骨に関係した骨からできているものと、吻端の表皮角質層からできたものの、2タイプあることが知られている。前者トカゲヘビ見られカメ類後者である。呼称前者を卵歯(egg tooth)、後者卵角(carcle)とするべきであろう。 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卵歯」の関連用語

卵歯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



卵歯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2019,Japan

©2019 Weblio RSS