十手持ちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 十手持ちの意味・解説 

岡っ引

(十手持ち から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 10:37 UTC 版)

岡っ引(おかっぴき)は、江戸時代町奉行所火付盗賊改方などの警察機能の末端を担った非公認の協力者。


  1. ^ 目明しという呼び方は、仕事が密告密偵的な行為だったことによるとされる。[1]
  2. ^ 与力は馬上が許されたため一騎、二騎と数える。
  1. ^ 林美一『江戸の二十四時間』、1989年、河出書房新社、68頁。
  2. ^ 名和弓雄『間違いだらけの時代劇』、河出書房新社、27頁。
  3. ^ 名和弓雄『間違いだらけの時代劇』、河出書房新社、85頁。
  4. ^ 林美一『江戸の二十四時間』、1989年、河出書房新社、287頁。


「岡っ引」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「十手持ち」の関連用語

十手持ちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十手持ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡っ引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS