初等整数論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 初等整数論の意味・解説 

初等整数論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:40 UTC 版)

初等整数論(しょとうせいすうろん、: Elementary number theory)とは、代数的な道具・手法(イデアルなど)や解析的な道具・手法(関数、極限など)を用いない初等的な整数論数論)のことである。対象が、「整数」に限られることが多いためか、「初等数論」と呼ばれることは稀である。また、「初等的整数論」と呼ばれることも稀である。




「初等整数論」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

初等整数論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



初等整数論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの初等整数論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS