休むとは?

やす・む【休む】

【一】[動マ五(四)

仕事活動中断して、心身楽にする。休息する。「食後一時間—・む」

動き働き止まる

河水の、…—・まずに、流れ流れ流れて」〈蘆花自然と人生

眠るために床に就く。寝る。「夕食後早めに—・んだ」

欠席欠勤する。「風邪会社を—・む」

日ごろ続けてきたことをしばらくせずにいる。「植木をやるのを—・む」

病気治る

七年を逕(わた)る間に、医薬方療して猶(なほ)—・まず」〈霊異記・中〉

[可能] やすめる

【二】[動マ下二「やすめる」の文語形


やす・む【休・息】

(「安(やす)い」と同語源)

1 〔自マ五(四)

活動中止して憩う休息する。

万葉(8C後)一五・三六四五「わぎもこ早も来ぬかと待つらむを沖に也須麻(ヤスマ)む家づかずして」

心身安らかになる。

堀河百首(1105‐06頃)恋「さりともとあひなはとこそ思ひしかいかにやすまぬ心成らん〈源師頼〉」

動き働きが止む。事が止んで静かになる。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「まかりありくこともやすまむ」

休息するために横になる臥す。寝る。ねむる。

源氏100114頃)東屋遅くも渡り給へば、皆うち解けてやすみ給そかし」

(5) 病気がなおる。病が平癒する。

霊異記810‐824)下「久しき病を得る故に、〈略〉咒護せ令むるに、猶愈差(ヤス)まず〈真福寺訓釈夜須満須〉」

2 〔他マ五(四)仕事などを、しばらくやめる。また、学校勤め先会合などを欠席する。欠勤する。

俳諧俳諧新選(1773)四「寒垢離を休む其日寒さかな〈〉」

3 〔他マ下二〕 ⇒やすめる(休)


休む

読み方:やすむ

マ行下二段活用動詞「休む」の終止形
「休む」の口語形としては、マ行下一段活用動詞休める」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

休む(やすむ)

建玉を全くしていない状態のことをいいます。

休止

(休む から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 07:45 UTC 版)

休止(きゅうし)




「休止」の続きの解説一覧

休む

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:57 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. やすむ 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「休む」の関連用語

休むのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



休むのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの休止 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの休む (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS