シュリースハイム一揆とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > シュリースハイム一揆の意味・解説 

シュリースハイム一揆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/06/06 11:13 UTC 版)

司教座のあるローマ都市ラーデンブルクや後に再びカトリック改修する周辺地域中にあって、シュリースハイム統治者に対して反抗的であるとの悪評19世紀まではびこっていた。 最初重税対す反乱早くも1789年10月21日に起こった。この反乱比較軽く制圧できたことから苛烈刑罰は科せられなかった。1791年1794年租税支払い拒否がなされた。1798年にツェント(租税徴収管区)の代官ニコラウス・リッシンゴーロに対する「シュリースハイム一揆」が勃発した。この一揆推移は現在に至るまで明らかになっていない。3人のシュリースハイム住民、バルタザール・オルトリップ、ヴェンデル・ミュラー、ハインリヒ・リールが3年または2年牢獄刑を宣告され、さらに9人が軽度自由刑に処せられた。 1815年3月に再びシュリースハイム反乱が起き、兵士動員なければ平定できない規模になった。 1848年から1849年革命の際にもシュリースハイムは、その評判違わず革命側の政治活動の重要拠点となった。住民大部分は、1842年からラーデンブルクヴァインハイム選挙区代表者務めていたフリードリヒ・ヘッカーの影響を受けていた。革命鎮圧後、バーデン政府1851年52年の間に行われ、「民主主義」者が当選した3つの首長選挙無効宣言した。

※この「シュリースハイム一揆」の解説は、「シュリースハイム」の解説の一部です。» 「シュリースハイム」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュリースハイム一揆」の関連用語

シュリースハイム一揆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シュリースハイム一揆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシュリースハイム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS