サイクロフォスファマイドとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 臓器移植用語 > サイクロフォスファマイドの意味・解説 

サイクロフォスファマイド(Cyclophosphamide)

アルキル化剤一種当初抗癌剤として応用されたが、現在は臓器移植の際に免疫抑制剤としても使われている。

シクロホスファミド

(サイクロフォスファマイド から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 04:42 UTC 版)

シクロホスファミド英語: Cyclophosphamide, 略称: CPA)は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)、免疫抑制剤である。製造販売元は塩野義製薬で、商品名はエンドキサン (Endoxan)。


[ヘルプ]


「シクロホスファミド」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイクロフォスファマイドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイクロフォスファマイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシクロホスファミド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS