ギスカジカとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ギスカジカの意味・解説 

義須鰍

読み方:ギスカジカ(gisukajika)

カジカ科海水魚


ギスカジカ

学名Myoxocephalus stelleri 英名:Flog sculpin
地方名カジカモカジカイソカジカ 
脊椎動物門硬骨魚綱カサゴ目カジカ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
体はがっしりし、かたい皮膚におおわれる。うろこはほとんどない体色個体によって変化に富んでいるが緑がかった褐色または赤みがかった褐色で、背の部分黒っぽい褐色の横帯がある。浅海藻場岩礁域にすむ。産卵期は冬で岩礁粘着性卵を産む初春孵化し、仔魚浮遊生活を送り成長すると底生生活に移る。若魚肉食性魚類甲殻類多毛類などを食べ、時には同じ大きさの魚類丸飲みするほど貪欲である。北海道では冬にぶつ切りにして、汁物として食べる。

分布:東北地方北海道日本海北部オホーツク海〜西ベーリング海 大きさ:45cm
漁法:磯釣り 食べ方:汁物

シモフリカジカ

学名Myoxocephalus brandti 英名:Snowy sculpin
地方名モカジカ、ギスカジカ、アオカジカ 
脊椎動物門硬骨魚綱カサゴ目カジカ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫

特徴
体は比較細長いが、頭は大きくいくぶん上下に平たい。後頭部に2対の弁がある。体色は緑がかった褐色で、小さな白い斑点が散らばっている。冬の産卵期には雄は黒色になる。若魚はやや浅め海藻生えところに多く成魚はやや沖合いに生息している。ギスカジカと一緒に生息していることが多い。肉食性である。

分布:北海道日本海北部オホーツク海 大きさ:35cm
漁法:  食べ方:汁物

義須鰍

読み方:ギスカジカ(gisukajika)

カジカ科海水魚




ギスカジカと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギスカジカ」の関連用語

ギスカジカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギスカジカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS