オー・エイチ・エス・エム・エスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > オー・エイチ・エス・エム・エスの意味・解説 

OHSMS

読み方:オー・エイチ・エス・エム・エス

組織事業場)の事業活動関連した労働安全衛生リスクマネジメント促進する全般的なマネジメントシステムの一部

経営トップの「労働安全衛生対す方針」のもとに、職場全体リスクアセスメント(危険評価)を実施し、職場潜む危険有害要因洗い出し、Plan-Do-Check-Actの管理サイクルをまわしてリスク低減を図り、労働安全衛生管理活動継続的改善を図るもの。

ILO国際労働機関)においてOSHMSに関する指針等が策定されているが、日本でも、厚生労働省から「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」(平成11年労働省告示53号)(OSHMS指針)が示されている。 その後厚生労働省平成18年4月1日労働安全衛生法改正(『改正労働安全法』)し、法第88条では、条件付き労働安全衛生マネジメントシステム実施している事業場労働安全衛生法88条第1項または第2項の計画免除されるようになった

OHSMSは、各国調整がまだ終わっていないという理由から、まだISOになってはいない。そのためOHSAS18001というBSI制定したOHS監査要求事項で、第三者監査を行う。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オー・エイチ・エス・エム・エス」の関連用語

オー・エイチ・エス・エム・エスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オー・エイチ・エス・エム・エスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS