エティバとは?

Weblio 辞書 > 食品 > チーズ一覧 > エティバの意味・解説 

エティバ

エティバ

タイプ ハード 原産国 スイス
容量 200g 乳種
エティバ

アルパージュ?聞きなれない言葉かもしれませんが、これは、アルプス放牧地のことを指すことば。また、牛がアルプスで過ごす夏の期間のことも言います。
前に「アルパージュ」がつくチーズは、夏の期間、高地放牧した牛のミルクで作ったチーズということになります
どうしてわざわざ「夏の放牧作り」が強調されるのかというと、この時期ミルクはとても質が良く、できあがるチーズ格別素晴らしいからなんです。寒い間、牧舎の中でワラを食べている牛のミルクと、アルプス放牧地で涼しく快適な気候の中、気分よく青草ハーブを食べた牛のミルクとでは、やっぱり味が違います。

このエティバは、そんなアルパージュチーズ。
大きくグリエール仲間ですが、その味わい感動ものです。 ほっくりとした甘み木の実のような風味があり、しっかりした旨み中にどこか花を思わせる香りあります濃厚豊かな味わい鼻の奥でふくらみ、さすがアルパージュ!の素晴らしさ。 色鮮やかな草花を食べるせいか、生地黄色みが強め。切りたてのチーズからは驚くほど豊かな香りがします。ふくよかアロマは夏の牧草ハーブの花から、少しスモーキー風味は、チーズ作りで使うのためだとか。

エティバを作る酪農家はわずか80軒。130ほどの山小屋シャレー)がアルプス点在し、ここを拠点放牧チーズ作りが行われます。放牧されるのはアルプス標高1000m~2000mの高地。エティバ作り5月10日から10月10日までと限られています。製造工程全て手作業昔ながら銅鍋使いを燃やして加熱するという手間のかかる方法守り続けています。このため、エティバは100年以上も昔の元祖グリエール最も近いと言われるのだとか。EU加盟ていないスイスでは、独自のAOC制度ありますが、その栄えある1号チーズでもあるんです。世界中輸出されているグリエール比べ製造量は圧倒的少なく年間生産量わずか320トン。(グリエール27,000トン)。日本輸入される数もごく僅かです。

スイスの自然と職人さんの手が育んだ、最高のアルパージュチーズ。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エティバのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エティバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイセラ日本マイセラ
COPYRIGHT© CHEESE CLUB.
チーズ一覧

©2021 GRAS Group, Inc.RSS