ウェスタンソープベリーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > ウェスタンソープベリーの意味・解説 

ウェスタンソープベリー

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

アメリカ中南部から南西部それにメキシコ北部分布しています。草原山地林縁河岸などの湿ったところに生え、高さは6~12メートルになりますは2回奇数羽状複葉で、小葉披針形です。晩春から夏にかけて、の上部に長い総状花序をだし、小さな黄白色の花を咲かせます。果実液果で、秋に黄色からオレンジ色熟します。果実にはアルカロイドサポニンが含まれ有毒ですが、古くから衣類などの洗剤利用されてきました。
ムクロジ科ムクロジ属常緑小高木で、学名Sapindusdrummondii。英名は Western soapberry, Wild chinatree
ムクロジのほかの用語一覧
ウングナディア:  メキシカンバックアイ
ハウチワノキ:  羽団扇の木
フウセンカズラ:  風船葛
ムクロジ:  ウェスタンソープベリー  無患子
モクゲンジ:  台湾木欒子  木欒子



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウェスタンソープベリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウェスタンソープベリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS