台湾木欒子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 台湾木欒子の意味・解説 

たいわんもくげんじ (台湾木欒子)

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

Koelreuteria henryi

台湾固有種です。照葉樹林生え、高さは15メートル以上になります。奇数羽状複葉互生し、長楕円形から卵形小葉が9~13個つきます。秋、先に長さ3060センチ大きな円錐花序をだし、黄色い花を咲かせます。果実蒴果で、濃いピンク色に色づきます。膨らんだ浮き袋のようなかたちをしています。わが国では、沖縄県1980年代緑化植物として導入され、街路樹などに利用されています。
ムクロジ科モクゲンジ属の落葉高木で、学名Koelreuteria henryi。英名は Flamegold、Flame golden-rain tree
ムクロジのほかの用語一覧
フウセンカズラ:  風船葛
ムクロジ:  ウェスタンソープベリー  無患子
モクゲンジ:  台湾木欒子  木欒子
ランブータン:  ランブータン
リュウガン:  竜眼



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

台湾木欒子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



台湾木欒子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS