こらえるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 但馬方言 > こらえるの意味・解説 

た・える たへる [2]耐える・堪える

下一 [文] 下二 た・ふ
苦しさ悲しさなどに屈せず我慢する。こらえる。 苦痛に-・える 孤独に-・える
他から加えられる力に負けずもちこたえる風雪に-・える 命さへ-・へ給はずなりにし後/源氏 夕顔
負担任務に対応できる能力技量そなわっている 屋外使用に-・える その任に-・えない
それをするだけの値打ちがある。…に値する 批評に-・える論文
多く「勝ふ」と当てるすぐれている。秀でている。 そのみちに-・へたらんはといふことあれば宇治拾遺 2堪えない忍ぶ補説
表記たえる耐・堪
耐えるは“我慢する。持ちこたえる”の意。「痛み耐える」「孤独耐える」「風雪耐える堪える」は“…の値打ちがある。その能力がある”の意。「その任に堪えない」「見るに堪えない

こた・える こたへる [3]える

下一 [文] 下二 こた・ふ
耐える我慢する。こらえる。 一呼吸いき)でも-・へられるか何()うだか/歌行灯 鏡花
耐え続ける。保つ。 平家の世は-・ふまじ/盛衰記 44 中世にこたゆヤ行にも活用した
[句項目] こたえられない

こら・える こらへる [3]える・怺える

下一 [文] 下二 こら・ふ
苦しみ痛みなどをがまんする耐える傷の痛さを-・える
悲しみ苦しみ怒りなどの感情欲求表面に出ようとするのをおさえる。 怒りを-・えて静かに語る 涙を-・える 笑いを-・えるのに苦労する
外から加えられる力に負けないように保つ。もちこたえる土俵際で-・える 鎧は-・へたりけるか/保元
処罰したり、しかったりすべきところを、許す。堪忍する。 - ・えてやって下さい忍ぶ補説


こらえ’る

但馬方言共通語用例備考
こらえ’る 許す 今日疲れとるで、宴会に出るのはこらえてほしい。
なんにも土産を持ってきてへんけど、こらえてえよ。
2番目の例文のように、相手に謝るような場面で使われることも多い。 

こらえる【堪える】

品詞動詞
標準語》許す(我慢する、耐える、という意味にも勿論使う)

こらえ・る【堪える】

方言味・解
こらえ・る【堪える】自動下一)我慢する。

  • 画数:8
  • 訓読み:こらえる、 しのぶ、 たえる
  • ハングル:영
  • 対応する英語:endure, (kokuji)
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こらえる」の関連用語

こらえるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こらえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2020 TANIGUCHI Yutaka
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2020 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2020 博多弁推進会
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS