あかほんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > あかほんの意味・解説 

あか ほん [0] 【赤本】

草双紙の一。1678年刊の「初春のいはひ」より起こり享保寛延1716~1750)頃まで行われた。「桃太郎」「猿蟹合戦」などのお伽噺とぎばなし芝居物あるいは双六すごろくなどの玩具物があり,絵が主体で,子供向けのもの。型は半紙半截はんさいだが,小型の「赤小本」,さらに小さく(ひな)祭り玩具といわれる「ひいな本」などがある。多くは赤い表紙の全五丁一冊本。赤表紙
明治時代,赤を多用した表紙少年向けの本。
俗受けをねらった低俗単行本雑誌の類。いかがわしい内容の本。


赤本(あかほん)

江戸時代草双紙で、子供向きの本。極彩色表紙少年向けのもの。
俗受けを狙った粗雑な本。延宝期から享保にかけて流行した赤い表紙小型本で、一冊のページ数は原則としてページであった。桃太郎舌切り雀文福茶釜猿蟹合戦などのおとぎ話等である。


赤本

読み方:あかほん

  1. 祭典縁日街路ニ於テ瞹昧ナル書籍類ヲ陳列シ又ハ読売ヲナス者。〔第二類 人物風俗
  2. 俗悪卑猥書籍。その出版業者を赤本屋などといふ。
  3. 極めて低級なる書物。又は卑猥なる書籍の類をいふ。
  4. 俗ぽい低級な本。赤本を出す出版屋を「赤本屋」といふ。
  5. 縁日祭日等に瞹眛なる本を売るもの。又其の本を云ふ。
  6. 享保以来江戸刊行された表紙の赤い絵草紙転じて現在は低級俗悪三文本のこと。
  7. 猥本猥本には赤い淫(みだ)らな表紙が付してある。〔香〕
  8. 縁日祭日等に曖昧な本を売るもの。又その本をいう。

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



あかほんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あかほん」の関連用語

あかほんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あかほんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2019
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS